前へ 1 2 3 次へ

Phanteksの最強簡易水冷CPUクーラーを搭載した「PG-PXT」の実力は?

40℃近い炎天下でSTORMのPCはどれだけ耐えられるのか!? よろしい、ならば我慢比べだ

文●ジサトラユージ 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲームベンチでも難なく冷却
ならば、いよいよ勝負だ!

「まあ、見ていてくださいよ」と勝負前の余裕を見せつけていきます

余談ですが、このPCデスクはGAMDIAS製の製品。ドリンクホルダーもついていて使いやすそうですが、日本では未発売だというのが惜しいです

 ここまでのスペックを見れば、相手にとって不足なしというのはよくわかります。

 とはいえ、いきなりハードな持久戦になっては、ひょっとしたらPG-PXTが故障してしまうかもしれません。何せ、対決の場は本来PCが置かれるような環境ではない直射日光の下。まずは十分な実力があることを確かめ、それから勝負をするというのがいいでしょう。

 というわけで、ひとまず小手調べとして、ベンチマークソフトを一定時間回してみて、動作に問題がないかを確認してみることにしました。今回は「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」を10分間回して、温度に問題がないかを検証しました。

 設定は、解像度が4K(3840×2160ドット)、画質設定が「最高品質」、ウィンドウモードで、ベンチマークをループさせています。計測時の気温はおよそ38℃と、真夏日と言っていい強烈な暑さです。

 さて、太陽の下でベンチマークソフトを10分間回してみたところ、CPUの最高温度は約86℃、平均温度は約65℃になりました。真夏日の太陽の下でも、十分に冷却できていますね。また、その間PCの上とケース内部に温度計を置いて、ケース内外の温度差を調べてみたところ、ほぼ差がないこともわかりました。かなりの通気性で、熱が内部にこもっている様子もなさそうです。

左がPC上に置いた温度計、右が内部の温度計です。多少誤差はあるかもですが、ほぼ温度差がないのがわかります

 これならば、十分に対決になるでしょう。それでは席について、いざ尋常に、勝負!

Apex Legendsを動かして、パフォーマンスが落ちたりゲームが落ちたりするか、あるいは僕がギブアップするかの勝負です



(10分後)



ユージ「あっつ……もう無理っすわ……」

PCのパフォーマンス低下を見ることなく、暑さであえなくノックダウン。というか、このマスク暑いんですけど

 いやはや、PG-PXTは強敵でしたね。あと1歩というところだったんですが。紙一重の激戦でしたが、全力を出せたので結果に悔いはありません。え? 決着が早すぎる? なんのことやら……。

 まあ、よくよく考えたら、ここ数年は冷房の効いた部屋で日がな1日PCの前に座っている毎日。ちょっと体が仕上がっていなかったかもしれませんね。しかし、こんな環境でもゲームパフォーマンスがまったく落ちることなく、快適に動作していたのはさすがの一言。PG-PXTなら、1年を通してしっかりとしたパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

セコンドから水を受け取って何とか復活しました。皆さん、決して1人で我慢比べなんてしないようにしましょう

 また、Phanteks Glacier One 240 T30も、簡易水冷CPUクーラーとして強力なパフォーマンスを発揮してくれました。今回の構成は第12世代Coreでしたが、次世代のCPUにも十分対応できそうです。妥協なき冷却性能を求める人は、ぜひSTORMのBTO PCをチェックしてみてください!

最後はお互いの健闘をたたえ合い、記念撮影です。まさしく、強敵と書いて“とも”と呼ぶにふさわしい存在でした

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
02月
03月
04月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
09月
10月
2016年
01月
03月
05月
2010年
05月
2008年
11月