このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第378回

HTCの新スマホ「HTC Desire 22 pro」は4年のブランクを感じさせない完成度

2022年10月01日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HTCから4年ぶりに日本市場へ投入されたスマートフォン「HTC Desire 22 pro」。スマートフォンとしての基本性能をしっかりと抑えながら、ミッドレンジとして購入しやすい6万4900円(直販サイト価格)という価格を実現している。さらに同社が最近力を入れている、メタバースやVRといった分野にも展開する機能を備えたモデルとなっている。

HTCとしては4年ぶりに日本市場へ投入される「HTC Desire 22 pro」

トレンドはしっかり抑えつつ
HTCならではのデザインと機能

 ディスプレーは6.6型(1080×2412ドット)の液晶パネルを採用。リフレッシュレートは120Hzに対応しているので、画面スクロールなどは滑らかに表示できる。またディスプレー面のガラスはGorilla Glass 5を採用しており、ミッドレッジとしては十分な性能を備えている。

6.6型のディスプレーを搭載

 本体サイズは約76.9×166.3×9.4mmで、重さは約205.5g。液晶ディスプレーのためか200gを超えてしまっているものの、重量バランスが良いこともあり、手に持ってみるとそこまで重さは感じはしない。

本体右側面には指紋認証センサー一体型の電源ボタンと音量ボタンを配置

本体左側面にはSIM・microSDカードスロットがある

本体上部には3.5mmのイヤホンジャックを装備

本体底面のUSB Type-Cは、USB 3.0規格

 本体カラーはチェリーブロッサムとダークオーク、そしてサルサ・レッドの3色展開。このうちサルサ・レッドは日本市場オリジナルカラーとなっている。さらに背面には流れるような曲線のフローティングラインが施されており、エレガントな印象だ。

本体カラーは3色

サルサ・レッドは日本独自カラーだが、ほかのカラーよりも1ヵ月ほど発売日は遅れる

流れる曲線がエレガントさを感じさせる

SIMフリーモデルでは珍しい「n79」に対応

 海外メーカーながら、日本向け仕様をいち早く取り入れてきたHTCらしく、「HTC Desire 22 pro」でも防水・防じん(IP67)やFeliCa(おサイフケータイ)といった機能を搭載している。また、モバイル通信の5G対応バンドも、Sub 6のみだがn3/n28/n77/n78/n79が利用可能。SIMフリー端末の多くは、ドコモが使用するn79に非対応な製品だが、HTC Desire 22 proでは利用可能なので、ahamoやMVNOの格安SIMなどドコモ回線を用いる安価な通信サービスのユーザーでも安心して利用できる。

SIMスロットはピン不要で取り出せるタイプ

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン