このページの本文へ

死後1時間のブタの臓器が蘇る——イェール大が「脳」に次ぐ新成果

2022年08月15日 08時39分更新

文● Rhiannon Williams

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イェール大学の研究チームが、死後1時間経ったブタの臓器の機能を修復することに成功した。現時点でヒトへの応用にはほど遠い状況であり、倫理的な問題も残るが、臓器移植の可能性を将来大きく高めることになるかもしれない。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ