このページの本文へ

ANAとセブン-イレブン、ドローンを活用した物流サービスを検討

2022年07月27日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ANAホールディングスとセブン-イレブン・ジャパンは7月27日、ドローンを活用した物流サービスの検討に関する覚書の締結を発表した。
 
 両社は2020年より共同での実証実験を開始し、日本の離島や山間部において買い物に不便を感じる人への課題解決としてドローンを活用した輸送実証を行なってきた。今回の覚書の締結により、両社はパートナーシップを強化し、本課題の解決とともに2025年度のドローン輸送サービスの実現に向けたビジネスモデル構築ならびにシステム連携を含めた運用体制の検討を進めるという。

 ANAホールディングスはドローンの運航体制の確立、ドローン機体の選定と仕様カスタマイズの検討、ドローン運航に関わる通信の安定性向上にむけた検討を担い、セブン-イレブン・ジャパンは商品配送サービス「7NOW(セブン‐イレブンネットコンビニ)」の仕組みの活用の検討、店舗敷地内のドローン専用ポートの設置、注文可能商品の選定を担う。また、両社共同でANAのドローン配送システムと7NOWとの連携やドローン専用ポート仕様の検討を行なうとしている。

 なお、今年度は、福岡市で2022年秋頃に課題検証の実証を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン