このページの本文へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第134回

モバイル視聴の新しいスタイルは定着するか?

Bluetooth SIGが「LE Audio」の規格策定作業が完了したと発表

2022年07月19日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Bluetooth SIGは7月12日、「LE Audio」の規格制定作業が完了したことをブログ上で発表した。

 以前の記事でも少し触れたが、Bluetooth 5.2に対応しているデバイスでLC3のデコード機能を有していれば、基本的にはLE Audioを使用する条件は整っている。しかし、スマートフォン側ではハードウェア部分だけではなく、上位階層となるソフトウェアの規格決めが残っていた。この部分まで用意ができたというアナウンスだろう。

 Bluetooth SIGのCEOであるマーク・パウエル氏は「LE AudioはAuracastと併せてワイヤレスオーディオ市場の領域を広げるものです。この新しい機能は人生を変えるようなオーディオ体験を提供し、友人や家族の距離を縮め、公共の場をより身近で楽しいものにします。LE Audioがもたらすこれらの変革を見守るのが楽しみです。」と述べている。

 これまで完全ワイヤレスイヤホンでは、接続安定性のための様々な技術が考えられ、採用されてきたが、LE Audioを使用すれば標準で左右同時伝送が可能となる。また、新しいLC3コーデックを使用すれば、より少ないデータ量でより高音質のワイヤレス音楽再生が楽しめる。これはバッテリーを節約し、再生時間を長くすることもできる。さらに、Auracastと呼ばれる方式により公共空間でのブロードキャストも可能となる。

 ワイヤレスイヤホンがインフラとなった現在では、LE Audioを使用するメリットは大きい。

 Bluetooth SIGでは「LE Audioをサポートする製品の認証がすでに可能となり、Auracastを含む、LE Audio対応製品が今後数ヵ月のうちに市場に投入され、年末までに台数を伸ばすだろう」と述べている。Bluetooth SIGは、すでにLE Audioの追加機能を市場に提供する作業を進めているという。

 2020年のCESで発表されてから長く続いていたLE Audioの規格制定作業。これが終了したことで、新しいBluetooth規格の製品化/実用化の道が大きな一歩を踏み出したと言える。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン