このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

約2.12kgと比較的軽量、自宅での仕事や動画視聴を没入感高い大画面ディスプレーで!

ノートPCでもテレワークの効率を上げたいなら、iiyamaPCの大画面17.3型モデルがオススメ! Core i7&Iris グラフィックスで性能も十分

2022年07月01日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「STYLE-17FH121-i7-UXSX [Windows 11 Home]」

 自宅で仕事をすることが多くなった昨今、作業の快適さを鑑みるとディスプレーはなるべく大きいほうがいい。しかし、作業スペースが狭かったり、家族の関係で時間帯によっては場所を変えて作業する必要があったりする場合、どうしても選択肢はデスクトップではなくノートになってくる。

 ノートパソコンの場合、モバイル用途13~14型、または基本据え置いて使い、たまに持ち運ぶ15.6型が主流だろう。しかし、テレワークを目的とし、屋内のみで持ち運ぶことができればいいのであれば、ディスプレーサイズが大きい17.3型をオススメしたい。

 ディスプレーが大きければ作業領域も広がるため、資料を確認しながらレポートを作成したり、ウェブブラウジングしながら資料を作成したりといった作業もより効率があがる。ユニットコムのスタンダードパソコンブランド「iiyama STYLE∞」の「STYLE-17FH121-i7-UXSX [Windows 11 Home]」(以下、STYLE-17FH121-i7-UXSX)は、まさに17.3型の大画面で作業できるノートパソコンとなる。

 今回は、STYLE-17FH121-i7-UXSXの実機を試す機会を得たので、どのようなマシンなのか紹介していこう。

試用機の主なスペック
製品名 STYLE-17FH121-i7-UXSX [Windows 11 Home]
CPU Core i7-1165G(最大4.7GHz)、4コア/8スレッド
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 17.3型(1920×1080ドット)、ノングレア、リフレッシュレート144Hz
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1 Type-C、USB 3.1 Type-A、USB 2.0 Type-A、Thunderbolt 4、HDMI、ヘッドフォン出力、マイク入力、microSDカードリーダー
内蔵カメラ 100万画素Webカメラ
サイズ/重量 およそ幅394×奥行252.5×高さ22.6mm/約2.12kg
OS Windows 11 Home(64bit)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ