オンラインイベント「TITAN IS BACK」を開催

MSIの最上位ゲーミングノートPC「Titan GT77 12U」発売、驚異的な処理性能

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MSIがCore i9-12900HX搭載の最上位ゲーミングノートPCを発売

 エムエスアイコンピュータージャパンは6月24日、「Titan GT77 12Uシリーズ」と「Raider GE67 HX 12Uシリーズ」を発売。合わせて、オンラインイベント「TITAN IS BACK」を開催した。

 Titan GT77 12Uシリーズは、第12世代インテルCore HXプロセッサーを搭載した同社のゲーミングノートPCの最上位モデルで、Raider GE67 HX 12Uシリーズは従来モデルからサーマルソリューション(放熱・冷却機構)と外装デザインを改良し、最新CPUを搭載したハイエンドモデル。それぞれのスペックは以下の通り。

Titan GT77 12Uシリーズ

Titan GT77 12Uシリーズ(GT77-12UHS-001JP):Windows 11 Pro、Core i9-12900HX、GeForce RTX 3080 Ti Laptop GPU、64GB(DDR5)、2TB SSD(M.2 NVMe)、17.3型ディスプレー(3840×2160ドット/リフレッシュレート120Hz/DCI-P3相当)、サイズおよそ幅397×奥行き330×高さ23mm、重量およそ3.3kg、実売価格65万円前後

Raider GE67 HX 12Uシリーズ

Raider GE67 HX 12Uシリーズ(GE67HX-12UHS-100JP):Windows 11 Pro、Core i9-12900HX、GeForce RTX 3080 Ti Laptop GPU、64GB(DDR5)、1TB SSD(M.2 NVMe)、15.6型ディスプレー(2560×1440ドット/リフレッシュレート240Hz/DCI-P3相当)、サイズおよそ幅358×奥行き267×高さ25.4mm、重量およそ2.38kg、実売価格56万円前後

ベンチマークでわかる、デスクトップPCに引けを取らない性能

左から伊石真由氏、清水貴裕氏、阿部史典氏

 登壇者はMSIスペシャルアドバイザーでプロオーバークロッカーの清水貴裕氏、声優・役者・MCの伊石真由氏、エムエスアイコンピュータージャパンでノートPCマーケティングを担当する阿部史典氏。新モデル2機種やインテル第12世代Coreプロセッサーの特徴などを、実機のデモを交えて紹介した。

第12世代インテルCoreは高負荷な処理とマルチタスク・バックグラウンド処理を、異なるコアで担うハイブリッドアーキテクチャーを採用

 第12世代インテルCoreプロセッサーは、高負荷な処理とマルチタスク・バックグラウンド処理を、それぞれ「P(Performance)コア」「E(Efficient)コア」に振り分けて処理効率をアップさせるハイブリッドアーキテクチャーを採用している。

Titan GT77 12Uシリーズは、冷却ファンを4基、ヒートパイプを7本搭載する大型のCPUクーラー「Cooler Boost Titan」を搭載

 Alder Lake-HアーキテクチャーのCore i7-12700Hと、Core i7-12800HXを比較すると、このうちPコアの数が6コアから8コアにアップしている。これによって、最大で従来モデル比2倍の処理性能を実現。

 この性能を最大限活かすために、Titan GT77 12Uシリーズは、冷却ファンを4基、ヒートパイプを7本搭載する大型のCPUクーラー「Cooler Boost Titan」を搭載。強力なエアフローにより、優れた冷却性能を実現した。

ゲーミング向けのベンチマークではおなじみの3DMark(Time Spy)のスコア

 清水貴裕氏によるベンチマークのスコアのうち、特に興味深かったのが3DMark(Time Spy)のスコア。総合スコアとGPUスコアでは、Titan GT77 12UシリーズとRaider GE67 HX 12Uシリーズは近いスコアを記録したが、CPUスコアでは、およそ1300ポイントの差がついている。

 清水貴裕氏はこのポイント差について「CPUスコアは熱の影響を受けやすい。Titan GT77 12Uの余裕のある冷却性能を持っているから、長時間使っていても、ブーストクロックが高い状態で維持される。それがスコアに反映されていると思う」と分析(Raider GE67 HX 12Uシリーズの冷却ファンは2基)。「ベンチを取りながら、『こんなに早いんだ!』と気を失いそうになった」とも話した。

FF14のベンチマークでは、フルHD設定で両モデル25000を超えている

清水貴裕氏によるベンチマークのグラフ。シングルスレッドのスコアでは、リミッターなしのデスクトップ向けCPUに匹敵するスコアを記録している

 合わせて、清水貴裕氏による自作PCと、新モデル2機種との、CPUベンチマークソフト「CINEBENCH R23」のスコアの比較も披露。

 「シングルスレッドのスコアでは、Core i9-12900Kのリミッターを解除した状態と比較して100ポイントほど、Core i9-12900KSでも200ポイントほどの差しかない。ハイエンドのデスクトップ向けCPUと比較して、これだけのスコアが出せるのはすごい。ゲーミングではシングルスレッドのスコアが重要と言われているが、Titan GT77 12UシリーズとRaider GE67 HX 12Uシリーズの性能のすごさがわかる、驚きの結果だった」とコメントした。

MSI Mystic Lightに対応。トップカバーのロゴも発光する仕様だ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月