このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ソニーがゲーミング市場に参入、新ブランド「INZONE」

2022年06月29日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラビアやWH-1000Xシリーズの技術を投入

 ソニーは6月29日、ゲーミングデバイス市場への参入を発表した。

 第1弾製品として、ゲーミング対応の液晶ディスプレー(Mシリーズ)2機種、ヘッドセット(Hシリーズ)3機種を続々と発売。開発はブラビアや音楽用ヘッドホンのチームが手掛けている。“エレキのソニー”として従来培ってきたテレビ/ヘッドホンの技術を用い、新しい顧客層へアプローチできる製品を提案する。

 このためにサブブランド“INZONE”(インゾーン)を立ち上げ、BRAVIA(ブラビア)やα(アルファ)に並ぶブランドに育てていきたいとする。その由来はスポーツにおける究極の集中状態“ゾーンに入る”ことだという。没入感と勝利をキーワードに高い映像/音響体験を提供するそうだ。

3本脚の独特なスタンドが目立つINZONE Mシリーズ

2.4GHzの低遅延な通信やANC対応モデルもあるINZONE Hシリーズ

 いずれもPCゲーマーをターゲットにした製品だが、PS5との親和性にも配慮。「Perfect for PlayStation 5」として、ディスプレーの状態をPS5が認識し、自動で最適なHDRを選択できるほか、ヘッドセットがミュート状態かどうか、音量位置、バッテリー残量などのステータスを表示できる。PS5の3D再生技術である「Tempest 3D Audio Tech」の再生にももちろん適している。

「Perfect for PlayStation 5」として、PS5と機器の状態をやり取りできる。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ