このページの本文へ

小型・軽量のミラーレスカメラ「EOS R10」も同時発表

キヤノン、約3250万画素のAPS-Cミラーレス最上位「EOS R7」

2022年05月24日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「EOS R7」(RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM装着時)

 キヤノンマーケティングジャパンは5月24日、RFマウントを採用する「EOS R システム」の新製品として、新開発のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「EOS R7」、小型・軽量のミラーレスカメラ「EOS R10」を発表した。さらに、APS-Cサイズカメラ用「RF-S レンズ」2機種を同時に発表した。

新開発のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「EOS R7」

「EOS R7」

 EOS R7は、EOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高速連写と高画質を両立したハイエンドモデルのミラーレスカメラ。高いAF性能と被写体検出機能を備えるハイアマチュア向け製品。

新開発のAPS-CサイズCMOSセンサー

 メカシャッター/電子先幕による撮影時は、EOS Rシリーズ最速とというAF/AE追従で最高毎秒およそ15コマ、電子シャッターによる撮影時は、AF/AE追従で最高毎秒およそ30コマの高速連写が可能。さらに、「EOS R3」のAF被写体検出技術を継承し、人物、動物(犬・猫・鳥)、乗り物(モータースポーツにおける車・バイク)の動きが速いシーンにおいて快適な撮影が可能とする。

 新開発の有効画素数最大およそ3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」により、APS-CサイズCMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能を実現したとする。また、7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影が可能で、「Canon Log 3」に対応。

 ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載。さらに、レンズ内光学式手ブレ補正機構(レンズ内 IS)を搭載したRFレンズ装着時は、カメラとレンズそれぞれの手ブレ補正機構が協調することで、最高8.0段の手ブレ補正が可能。

 ファインダーをのぞいたまま、設定から撮影が可能な新しいサブ電子ダイヤルを搭載。また、UHS-II対応のSDカードスロットを2基備える。

サブ電子ダイヤルを搭載

 Wi-Fi/Bluetoothによる接続をサポートし、カメラから「image.canon」への画像自動転送機能を搭載。image.canonの転送サービスでYouTubeに接続することで、カメラから映像をストリーミングでライブ配信が可能。

 新開発のRF-Sレンズに対応するとともにRFレンズや、マウントアダプターEF-EOS Rを装着することで「EFレンズ」も使用可能。

 価格はオープンプライスで、同社直販サイトでの販売予定価格は、ボディーのみは19万7780円、RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMレンズキットは24万6180円。6月下旬に発売する予定。

小型・軽量のミラーレスカメラ「EOS R10」

「EOS R10」(RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM装着時)

 EOS R10は、小型・軽量と本格的な静止画・動画撮影を両立した、ハイアマチュアからエントリーユーザー向けのミラーレスカメラ。新開発のRF-S レンズに対応するとともにRFレンズや、マウントアダプター EF-EOS Rを装着することでEF レンズも使用できる。

 メカシャッター/電子先幕による撮影時は、AF/AE追従で最高毎秒およそ15コマ、電子シャッターによる撮影時は、AF/AE追従で最高毎秒およそ23コマの高速連写が可能。さらに、EOS R3のAF被写体検出技術を継承し、人物、動物、乗り物の動きが速いシーンにおいて快適な撮影が可能とする。

 新開発の有効画素数最大およそ2420万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、DIGIC Xにより高画質を実現し、有効画素数最大およそ3250万画素のCMOSセンサーを搭載する「EOS 90D」「EOS M6 Mark II」と同等の解像性能を達成しているとする。

 6Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影が可能。また、レンズ内光学式手ブレ補正機構(レンズ内 IS)を搭載したRFレンズ装着時は、動画電子ISとレンズ内ISの協調制御によって手ブレをより効果的に軽減し、歩きながらの撮影など、多様な撮影シーンに対応可能。

 Wi-Fi/Bluetoothによるスマホ接続をサポートし、カメラからimage.canonへの画像自動転送機能を搭載。

 価格はオープンプライスで、同社直販サイトでの販売予定価格は、ボディーのみは12万8480円。EOS R10・RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMレンズキットは14万3880円、EOS R10・RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMレンズキットは17万6880円。7月下旬に発売する予定。

APS-Cサイズカメラ用「RF-S レンズ」2機種

標準ズームレンズ「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」、高倍率ズームレンズ「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」

 「RF-Sレンズ」は、RFマウントのAPS-CサイズCMOSセンサー搭載のデジタルカメラ用に開発した新たなレンズシリーズ。小型・軽量とEOS Rシステムの高画質・高機能を実現し、EOS Rシリーズのフルサイズカメラにも装着できる。

 第1弾として、標準ズームレンズ「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」と高倍率ズームレンズ「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」の2機種を6月下旬に発売する。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格はRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMが4万2500円、RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMが6万8500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン