IoT市場の更なる拡大を目指す

ソラコム、ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームと業務提携

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム(SNCSP)公式サイトより

 ソラコムは5月24日、IoT事業者および企業向けにNoCode IoT/DX Platform「MEEQ(ミーク)」を提供しているソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム(SNCSP)と、業務提携に関する契約を締結したことを発表した。

 SNCSPは、IoTプラットフォームサービスに加え、スマホ向けサービスを提供するMVNO事業者に対してモバイル通信サービスを提供している。上りの通信量が多いIoT向けサービスと、下りの通信量が多いスマホ向けサービスの双方を取り扱うことで、トリプルキャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI)の通信を無駄なく効率的に活用しており、結果として、主に上りの通信を要するIoT向け通信を低コストで提供する余力を有しているという。

 ソラコムのIoTプラットフォームサービスは、1枚のSIMで世界140を超える国と地域で利用できるモバイル通信を提供している。ひとつの国でも複数の通信キャリアでつながる広いカバレッジや、コンシューマー製品のライフサイクルを踏まえた柔軟な料金体系、チップ型SIM(eSIM)にも対応している。

 ユーザーの要件に応じて、ソラコムがSNCSPの上り通信回線を、SNCSPがソラコムの多様なフォームファクターのSIM利用が可能なフルMVNO回線やグローバル回線を活用する事で、例えば監視カメラ、画像アップロードによるクラウドAI分析、製造段階でSIMを組み込むメーカー用途など多岐に渡るIoTニーズを満たせるようにするという。

 今回の提携を通して、急激に拡大する市場のニーズを協力して満たし、ユーザーのDX化、IoT化を支え、IoT市場そのものの成長を協力して実現していくとしている。

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月