このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第899回

インカメラがAFに対応:

アップル「iPhone 14」自撮り性能アップか?

2022年05月19日 16時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2022年に発売するiPhone 14は、フロントカメラの性能もアップするという。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がTwitterで4月19日に予測を発表している。

 同氏によると、iPhone 14は全モデルでフロントカメラがAF(オートフォーカス)と約f/1.9の絞りにアップグレードされる可能性があるという(iPhone 13は固定焦点とf/2.2)。

 これにより自撮りやポートレードモード時の被写界深度効果や、FaceTimeやビデオ通話時のフォーカス効果が向上するとのことだ。

 フロントカメラをよく使う人は、iPhone 14への買い替えが必須になるかもしれない。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中