このページの本文へ

リコー、HHKBやScanSnapで知られるPFUを子会社化

2022年04月28日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーは、富士通の連結子会社であるPFUの株式(発行済株式数の80%)を富士通から取得。リコーの連結子会社になることを発表した。取得額は840億円で、7月1日付けでの実施予定となっている。

 PFUは、石川県かほく市に本社を置き、1960年にウノケ電子工業として創業(その後、ユーザック電子工業、PFUと社名変更)。キーボード(Happy Hacking Keyboard)やスキャナー(ScanSnap)などでのコンシューマー向け製品でも知られるドキュメントイメージング事業のほか、産業用コンピューターボードやマルチクラウド環境の構築・運用サービスなどを展開している。

PC好きにはHHKBでおなじみのPFUがリコーの子会社に

 リコーは、PFUの子会社化について、業務用スキャナーの強化により、既存の複合機では困難なドキュメントに対応し、オフィス領域にとどまらず、医療機関や公的機関、金融機関など専門的な領域に対して、価値提供が可能になるとするほか、国内におけるITマネージメントサービス機能の強化、産業用コンピューター事業でのシナジーなどのメリットがあると説明している。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン