このページの本文へ

レノボ、ノートPCと接続して最大5画面を見ることができるスマートグラス「ThinkReality A3」を発売

2022年04月13日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは4月13日、スマートグラス「ThinkReality A3 PC Edition」およびARソリューションセット「ThinkReality A3 Industrial Edition」を発表した。

 両モデルで使用されるARスマートグラス「ThinkReality A3」はCPUにQualcomm Snapdragon XR1を搭載。片眼1080pの高解像度ディスプレーとトラッキング用のデュアルフィッシュアイ8MPカメラ、ステレオスピーカーと3つのマイクを搭載する。6DoFに対応し、ルームサイズの空間トラッキングが可能なほか、130gの軽量設計で折りたたみも可能なため携帯に便利なスマートグラスとなっている。

 ThinkReality A3 PC Editionはグラフィックチップを搭載したハイエンドなノートPCと接続してバーチャルモニター(無償提供のVirtual Display Managerのインストールが必要)として利用でき、最大5画面を表示できるため、スペースが限られた場所でも広い画面領域で作業が可能。周囲の人に画面を見られることがないため、秘匿性が高いデータを扱う際にも便利という。

 ThinkReality A3 Industrial Editionは、主に生産現場での作業支援やリモートアシスト、業務サポートを目的としたモデル。ARスマートグラスのThinkReality A3に加えて「motorola edge30 PRO」スマホ、アタッチメントパーツ、ソフトウェアソリューションとオンラインサポートのセットで提供(ソフトウェアとオンラインサポートは年間ライセンス)。防水規格のIP54に準拠し、Industrial Frameはアイウェアの米国規格ANSI Z87.1に適合。同梱のスマホと接続して場所を選ばずネットワークにアクセスできる。ソフトウェア「holo one sphere」はクラウドサービスがセットされたワークフローやリモート支援用ツールで、作業手順をAR表示して作業品質の維持やトレーニングに活用、作業員目線の映像を共有してエキスパートが遠隔地から指示を出すといった利用が可能。また、一般的なAndroidアプリも利用できることからオンライン会議アプリや動画アプリの表示も可能。

 いずれも4月13日発売。価格はA3 PC Editionが19万2500円、Industrial Editionが54万4500円。

※タイトルに誤りがあったため修正しました。お詫びして訂正いたします(4月13日更新)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ