絶対行きたい! この街のあの名所 第19回

県内有数の名所「黒磯公園」も見逃せない那須塩原市の桜。例年の見ごろは4月上旬~中旬!

文●越智龍二 イラスト●サタケシュンスケ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 雄大な自然に囲まれた栃木県那須塩原市。その自然が生み出す四季折々の絶景やグルメ、アクティビティのほか、塩原温泉と板室温泉という2つの温泉郷が有名ですが、春には豊かな自然と調和した桜を楽しめるスポットも多数そろいます。

 那須連山と桜を一望できる県内きっての名所「黒磯公園」(写真)のほか、その一本を求めて多くの人が訪れる名木の「寺子のエドヒガン」「実美桜」、満開時には桜のトンネルができあがる「乃木参道」「烏ヶ森公園」など、それぞれのスポットで異なる桜景色が楽しめます。例年の見ごろは4月上旬~中旬なので、この時期に訪れるなら、市内の桜名所もぜひ巡ってみてください。

那須連山と桜を同時に楽しめる県内有数の名所

黒磯公園

 那須連山を望む桜の名所として、県内でも上位に入る人気を誇るのが「黒磯公園」。緑あふれる園内にはソメイヨシノを中心に約230本の桜があり、満開の桜と那須連山、那珂川が一緒に見られるふれあい橋(螺旋階段)の上からの眺めは圧巻です。桜が見ごろを迎えるのとほぼ同じタイミングで、園内北側の斜面を紫に染めるカタクリの花との競演も見どころ!

DATA

住所:栃木県那須塩原市桜町1-3
電話:0287-62-7160
黒磯公園

推定樹齢約350年&高さ約16mのエドヒガン

寺子のエドヒガン

 高さ約16mの立派な立ち姿から、1989(平成元)年には「とちぎの名木百選」にも選ばれているのが、「寺子のエドヒガン」です。エドヒガンザクラは日本に自生する野生種の桜の一つで、ソメイヨシノよりもひと足早く薄紅色の花を咲かせます。誰が植えたのかは不明ですが、「寺子のサクラ」として地元で親しまれる推定樹齢約350年の巨木は、近くにある墓地の目印ともなっています。

DATA
住所:栃木県那須塩原市寺子1060
電話:0287-37-5419
寺子のエドヒガン

明治政府を代表して“来塩”した要人が植樹

実美(さねとみ)桜

 塩原温泉郷にある塩原温泉交流広場の斜面に咲くエドヒガンザクラは、「実美桜」と呼ばれる由緒ある一本です。1884(明治17)年に、明治政府の太政大臣を務めていた三条実美公が塩原街道(現国道400号)の開通を記念した式典で植樹したもので、例年4月中旬~下旬に見ごろを迎えます。広場には無料駐車場があるので、花見後は周辺散策も楽しみましょう。

DATA
住所:栃木県那須塩原市塩原675-9
電話:0287-32-4000
塩原温泉郷

花びらが舞う優雅な“桜のトンネル”が出現!

乃木神社

 明治時代の陸軍大将・乃木希典夫婦が祀られた那須乃木神社へと続く、「乃木参道」の桜並木も人気の桜スポットです。約800mに及ぶ参道には、ソメイヨシノとオオヤマザクラが約100本植えられていて、満開の時期には桜の花びらが舞う優雅な“桜のトンネル”が出現。約80本の桜が咲く神社の境内には、乃木将軍自らが設計した別邸や夫婦ゆかりの品が展示された宝物館などがあります。

DATA
住所:栃木県那須塩原市石林795 那須乃木神社前
電話:0287-36-1194
乃木神社

“映える”写真が撮影できると話題の花の名所

烏ヶ森公園

 ツツジやアジサイが見事な花の名所として知られる標高297mの丘にある自然公園「烏ヶ森公園」では、ソメイヨシノを中心とした約600本の桜を見られます。見ごろの時期になると、国道4号から烏ヶ森公園入口まで続く桜並木が桜のトンネルへと変わるほか、周囲を桜に囲まれた池では、太鼓橋と桜、水面に映る桜など“映える”写真が撮れると評判!

DATA
住所:栃木県那須塩原市三区町636
電話:0287-62-7160
烏ヶ森公園


 例年の桜の見ごろは4月上旬~中旬ですが、高地の塩原温泉郷にある「実美桜」のみ、約1週間見ごろが遅いので、訪れる際にはご注意を。そして、趣たっぷりの桜で心が癒されたあとは、那須塩原が誇る2つの温泉郷で体も癒されてみては?

※写真はイメージです。
※この記事は、「つなぐ旅~東日本~ ひがしにほんトラベルガイド」から転載しています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
05月
11月
12月
2019年
05月
2018年
03月
2016年
01月
09月
11月
2015年
11月