このページの本文へ

古いノートPCもUSB PDで充電できる!? 使い方要注意な15V対応のトリガーケーブル

2022年02月11日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USB PDに対応しない機器でも特定の電圧でUSB PD給電が可能になる、玄人向けの「PDトリガーケーブル」に15V対応モデルが登場。取り扱っているのは東京ラジオデパートのShigezoneで、990円から購入できる。

無理やりUSB PDでの充電を可能にする、取り扱い要注意の「PDトリガーケーブル」に15V版が登場した

 特定の電圧を取り出すことができる、取り扱い注意な変換ケーブル。本来必要になる機器間認証を“偽装”することで、給電対象が非対応機種の場合でもUSB PD対応ACアダプターによる急速充電を可能にする。つまりノートPCの電圧に合わせたトリガーケーブルを使用することで、古いノートPCでも専用のACアダプターの代わりにUSB PD充電器を使うことができるという理屈だ。

 従来は9V/12V/20Vに対応する製品が販売されていたが、今回は新たに15V/5Aに対応するケーブルが入荷した。特に有効なのは旧型のレッツノート(16V対応製品)をUSB PD充電できる点で、外径5.5mm/内径2.5mmのコネクターを変換不要で接続可能。

Type-Cと外径5.5mm/内径2.5mmのコネクターを備え、旧型のレッツノートに変換なしで接続可能。ただし保証なしの行為であり、自己責任での利用になるのは大前提だ

 ただし注意が必要なのは、組み合わせる機器を間違えて機器側が許容できない出力で給電した場合、機器破損や発火などの危険があること。ショップでも「動作の有無を含めてサポート対象外」「トリガーケーブルの意味を理解している人向け」としており、機器の仕様をしっかり理解した上で、自己責任で使用するのが前提となる。

 なおShigezoneにおける価格は、1.2mモデルが990円、2mモデルが1200円、3mモデルが1400円。2mと3mはすでに売り切れ。次回入荷分は予約優先で2月中旬以降に販売予定とのことだ。

 

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン