このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第583回

Wi-Fi充電できるサムスンのTVリモコン、モバイル機器への応用に期待

2022年02月09日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにWi-Fiで充電できるリモコンが登場

 スマートフォンやTV、家電など様々な製品を次々と送り出しているサムスンですが、地球環境を考えたエコな製品も地道に開発しています。その筆頭に挙げられるのが同社のTV用リモコンです。TVのリモコンといえば単4電池2本を入れて使うものが一般的。リモコンでの電力消費量は少ないとはいえ、1年くらいで交換するケースが多いでしょう。わずか2本の電池ですが、それが積もり積もればかなりの量になります。サムスンによるとリモコンの電池の消費量は7年間で9億9000万個になるとのことです。

 そこでサムスンはTVリモコンのエコ化を進めています。ボディーをリサイクル素材にするだけではなく、2021年に登場した「SolarCell Remote」では太陽電池を埋め込み、太陽光で充電できるようにしているのです。またリモコン内には乾電池はもちろんのことリチウムイオンバッテリーも搭載せず、コンデンサーを内蔵しそこに電力を貯蔵します。

サムスンのTVリモコンのエコへの取り組み

 そして2022年にはそのSolarCell Remoteがさらに進化し、太陽電池に加えWi-Fiルーターからの微弱電波を使って充電も可能になりました。今やどの家庭にもWi-Fiルーターは設置されています。SolarCell Remoteの2022年モデルは最大40メートル離れた場所にあるWi-Fiルーターからの電波を受け、リモコンを充電できるとのこと。

2022年のTVに付属するリモコンはWi-Fiルーターから充電できる

 Wi-Fiで充電できるということは、TVリモコン以外への応用展開も十分可能なことを意味します。たとえばスマートホーム用の家庭内のセンサーにこの技術を応用することは可能でしょう。室温計や湿度計、騒音計、照度計といったセンサーはボタン電池を入れて壁などに固定しますが、1年も使っていると電池切れになってしまうものです。そのたびに電池を交換するのも面倒ですし、当然のことながら交換した電池は廃棄物になります。しかし、Wi-Fiルーターからの微弱電波で内蔵コンデンサーが充電できるならそれらの心配はなくなります。

スマートホームのセンサーにも応用できそう

 またスマートフォン用の充電式スタイラスペンにも使えるかもしれません。スマートフォンのアクセサリーで消費電力の弱いものならこの技術は使えそうです。サムスンのスマートフォン向けスタイラス「Sペン」は、手書きには充電不要ですが、リモコン機能を使うときは充電が必要です。本体に内蔵できるSペンは本体から充電できますが、Galaxy S21 UltraやGalaxy Z Fold3 5G用のペンは内蔵できませんから、Wi-Fi充電ができれば便利になりそう。

本体に内蔵できないSペンもWi-Fi充電対応になれば使い勝手は高まる

 ほかにも位置情報タグのAirTagなども、屋外でも飛んでいるWi-Fi電波が利用できればバッテリーレスな製品ができるかもしれません。UWBを使うモデルは電力的に厳しそうですが、Bluetoothの位置情報タグなら実現できるかもしれませんね。今は身近なTVのリモコンに応用されたこの技術、サムスンの豊富な製品に今後展開されることも期待したいものです。

Bluetooth版の位置情報タグ「Galaxy Tag」も電池不要になるかもしれない

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン