このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第831回

リーカーが示唆:

アップル「iPhone 14 Pro」カプセル剤のような形のパンチホールデザイン採用?

2022年01月25日 16時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するiPhone 14 Proは、薬の錠剤(カプセル剤)のようなかたちのパンチホールデザインを備えている。リーカーのDylan氏がTwitterで1月7日にリークした。

 同氏によると、iPhone 14 Proはパンチホールデザインのカメラを採用する予定であり、そのためFace ID用のセンサーがディスプレー下に配置されることになったという。

 また、パンチホールのデザインは薬の錠剤(カプセル剤)のようなかたちをしたものになるそうだ。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中