前へ 1 2 3 4 5 次へ

第3回 大河原克行の「2020年代の次世代コンピューティング最前線」

日本のスパコンを支える「八ヶ岳」とは

文●大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本を代表するスーパーコンピュータ「富岳」に対して、「八ヶ岳」と呼ばれるスーパーコンピュータがあることは、あまり知られていない。

 それも当然だ。これは正式名称ではなく、スパコン界の関係者が使っている名称だからだ。そして、八ヶ岳が特定の山を指した名称ではないのと同じく、スパコンの八ヶ岳も特定のスパコンを指したものではない。

 日本のスパコンには、フラッグシップマシンとして富岳が存在しているが、その下の「第二階層」として、複数のスーパーコンピュータが存在している。第二階層を構成するのは、東京大学や京都大学、東京工業大学、東北大学、九州大学といった9つの国立大学のほか、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と数理研究所(ISM)の2つの国立研究開発法人が所有しているスパコンである。これが「八ヶ岳」である。

 2008年までは、それぞれのセンターが、それぞれにスーパーコンピュータを調達し、独立したプログラムで動かしていたが、スーパーコンピュータ「京」の誕生をきっかけに、京と第2階層のスーパーコンピュータ群によって、日本全体を結んだHPCI(ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ)を形成し、高速ネットワークで結んだ共用が開始されてきた。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
05月
11月
12月
2019年
08月