このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

横長ディスプレーはユーザーの工夫次第でさらに便利になる!

21:9で34型のゲーミングモニター「HUAWEI MateView GT」は普段使いでも強力! 便利技や実際の使い勝手を確認

2021年12月22日 11時00分更新

文● オカモト(アスキースマホ総研)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキースマホ総研オカモトによる「HUAWEI MateView GT」の体験レポート。前回の記事(「6万円台半ばの21:9の34型湾曲ゲーミングモニター「HUAWEI MateView GT」はテレワークにも役立つ!」)では、横長21:9で34型の湾曲ディスプレーである同機について、主にテレワーク時の使い勝手を紹介したが、今回は日常的に活用していくうえで、より便利に使うためのテクニックや細かな部分の使い勝手について掘り下げて見ていく。

ゲーミングモニターである「HUAWEI MateView GT」だが、普段使いでどうか調べた

横長画面の「HUAWEI MateView GT」は
Windowsのこのテクニックを知っていればさらに便利になる!

 横長21:9の34型ディスプレー「HUAWEI MateView GT 34インチ スタンダードエディション」は、3つ、4つとウインドウを横に並べても十分な領域を確保できるだけのデスクトップ領域を持っており、ゲームのみならず、普段使いでも便利そう……ということまでは、使ったことがない人でも比較的想像しやすいだろう。

 ただ、ウインドウを整列して並べるのに、1つずつサイズ変更して、移動するのは面倒。そこでWindows標準のスナップ機能を使いこなすことで利便性が大きく変わってくる。特にWindows 11で用意されている「スナップレイアウト」は、これだけでもWindows 11にアップグレードしたくなると言っていいほど有用な機能だ。

横長のディスプレーを便利に使うにはWindowsのスナップ機能はぜひ活用してほしい

 まず、整列して表示させたいアプリをひととおり起動。そこからウインドウの最大化ボタンにマウスカーソルを持ってきて、1秒ほど静止すると以下の画面のような6種類のレイアウトが表示される。ここで1つを選べば、それぞれの領域に配置したいアプリを選択していくだけだ。

Windows 11の新機能「スナップレイアウト」。最大化ボタンが拡張されており、マウスカーソルを持ってくるだけで画面のような表示が

レイアウトを選ぶとそれぞれの場所にどのアプリを置くか選択できるようになる

 Windows 10でもウインドウをドラッグして、デスクトップの端まで持って行ったり、キーボードショートカット(「Win+カーソル」)でもスナップ機能は利用可能だが(Windows 11でも同じ)、使えるレイアウトは「左右2つ」など限定的。「左右中央で3つ」など、横長ディスプレーに便利なレイアウトがWindows 11なら標準で使えるのだ。

 Windows 10(Windows 11も)でも追加でアプリを入れるなら、複雑なレイアウトが利用できる。マイクロソフト製ユーティリティー「PowerToys」(https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/powertoys/install)がそれで、この中にある「FancyZones」という機能を用いると、より多くのウインドウを並べるレイアウトやウインドウを重ねるパターンなどもユーザーが作成できる。ベータ版段階のソフトなので導入は自己責任になるが、HUAWEI MateView GTの横長画面がさらに便利になるので試してみてほしい。

スナップ機能をより高機能化できるのがPowerToysに含まれるFancyZonesだ

並べて表示するウインドウのサイズを変更したり、数を増やしたり、ユーザーが自由にレイアウトをカスタマイズできる

テキストエディターは幅が狭くていいが、ブラウザーの領域はしっかり確保したい。エクスプローラーとフォトレタッチソフトを上下に配置するといった組み合わせがユーザーの思うがまま

 仮想デスクトップもHUAWEI MateView GTを活用するうえで使いこなしたい機能。これはデスクトップ画面を複数作成して切り替えられるもので、「仕事用」と「普段用」などで用意すると便利だろう。この仮想デスクトップは、Windows 10/11の両方で搭載されており、タスクバーの「タスクビュー」アイコンをクリックすれば作成や切り替えが可能(キーボードでは「Ctrl+Win+d」で作成、「Ctrl+Win+←→」で切り替え)。Windows 11ではタスクビューアイコンにカーソルを持っていくだけでデスクトップがサムネイル表示されるのと、仮想環境ごとに壁紙が変更できるので切り替えがすごく簡単だ。

仮想デスクトップもぜひ使いこなしてほしい機能。Windows 11ではそれぞれ壁紙を変えられるので区別しやすい

 最後にWindows 11のメリットがもう1つ。Windows 10まではマルチディスプレー環境でディスプレーを接続・切断すると、そのたびにウインドウの配置がグチャグチャになってしまったが、Windows 11では元の位置に自動で表示される。ノートPCにHUAWEI MateView GTを追加する場合には、特に利便性が変わってくる。

ノートPCにディスプレーを追加する場合、スリープから復帰するとディスプレーが一旦切断された扱いになって、ウインドウの位置が滅茶苦茶になることがある(特にDisplayPort接続時)。Windows 11ではこの問題も画面の設定によって解決された

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店