このページの本文へ

音質にこだわるハイブリッド・ドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン「FoKus PRO」、エミライより発売へ

2021年12月07日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エミライは12月7日、米Noble Audio製の完全ワイヤレスイヤホン「FoKus PRO」の取り扱いを発表した。

 Knowles製のBAドライバー×2基と新採用の8.2mm径ダイナミックドライバー×1基のハイブリッド・ドライバー構成を採用。物理的な遮音性と限られた筐体内での音響設計を極限まで突き詰め、ANCや防水機能をあえて排した音質を最優先した設計に加え、専用アプリで各帯域の聴力を測定して個人にあわせた最適なリスニング体験をもたらすパーソナルモードを搭載する。タッチセンサーによる再生コントロールが可能。

Knowles製BAドライバー2基を中高域用に採用、低域用には8.2mm径マグネシウム・アルミニウム合金製ドライバーを搭載

 Bluetooth接続はBluetooth V5.2をサポートするほか、SBC/AAC/aptX/aptX adaptiveなどのさまざまなBluetooth Audioコーデックに対応。TrueWireless Mirroringにより低遅延、接続性、バッテリー持続性を向上させている。連続再生時間は7.5時間(50%音量時)。カスタムIEMメーカーならではの耳にしっかりおさまるイヤホン形状に加えて専用のイヤーピースを採用する。

FoKus PRO専用アプリで自分好みに操作をカスタマイズできる

 日本で販売するFoKus PROは、Bluetoothの電波出力を強めた日本向け特別仕様の限定生産品となる。発売時期および価格は後日発表。

サイズや形の異なる独自のイヤーピースが付属

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン