このページの本文へ

SUBARU、新型直噴DITエンジン搭載の新型「WRX S4」「レヴォーグ」一部改良モデルを発表

2021年11月25日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新型「WRX S4」

 SUBARUは11月25日、新型「WRX S4」(日本仕様)および「レヴォーグ」一部改良モデルを発表した。

 新型WRX S4は、動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地などの性能を磨き上げ、卓越した走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えた同社AWDパフォーマンスを象徴するモデル。エンジンは新開発の2.4L直噴ターボDITエンジンを搭載。従来のスポーツリニアトロニックからレシオカバレージを拡大し加速性能を高めるとともに振動と騒音を低減した「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載。先進安全装備としては「新世代アイサイト」や高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を装備。

 エクステリアは、立体的で彫りの深い造形やワイド&ローを強調したフロントバンパー、力強く張り出したフェンダーや勢いのあるキャラクターライン、スポーツサイドガーニッシュで躍動する走りを表現。インテリアでは触り心地や操作感にまでこだわった人とクルマが一体になれる空間を演出し、スポーティーさと先進性をあわせ持つデザインとしている。

※1:5万5000円高(消費税10%込)

「レヴォーグ」一部改良モデル

 レヴォーグは、同社のグランドツーリングのDNAを継承しつつ最新技術を結集して「先進安全」「スポーティー」「ワゴン価値」の3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴン。今回の改良では、サンルーフをメーカー装着オプションとして新たに設定。従来型から開口面積を拡大してさらなる開放感が味わえるようにした。パワーリヤゲートは車内からドアロックしている状態でも運転席スイッチでの開閉操作が可能となり日常の使い勝手を向上。

 安全面では、アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、全てのドアを自動で開錠して車外からのアクセスや救出をスムーズに行なえるようにしている。ボディカラーには、よりスポーティーな世界観を表現する「セラミックホワイト」「サファイアブルー・パール」「イグニッションレッド」を新たに設定。

 また、新開発2.4L直噴ターボDITエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」グレードも新たに追加。日常の扱いやすさに加えてスポーツドライビングも楽しめるモデルとしている。

※1:3万3000円高(消費税10%込)
※2:5万5000円高(消費税10%込)
☆:写真掲載グレード

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ