このページの本文へ

ギフト感が増した新「Apple Gift Card」発売開始、音楽やアプリ、製品も使える共通カード

2021年11月10日 15時17分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、11月10日から日本のApple Store(オンライン)、11月11日から直営店のApple Storeで新しい「Apple Gift Card」の販売を開始する。

新しい「Apple Gift Card」のパッケージ

 Apple Gift Cardは、アップルのハードウェア、アクセサリー、アプリケーション、ゲーム、音楽、映画、TV番組、iCloudのストレージなど、アップルのあらゆる製品やサービスの購入に利用できる。従来の「App Store & iTunes ギフトカード」と「Apple Storeギフトカード」が統合された形式で、すでにアメリカやカナダ、オーストラリアでは発売している。

iPhone 13 Proとのサイズ比較。ロゴ部分が切り抜かれたパッケージの中に、ギフトカードが入っている

贈られて「うれしい」仕掛け付きギフトカード

 従来のカードとは異なる点は、直営店のApple Storeやコンビニエンスストア、家電量販店で購入した場合はクレジットカードのような形状ではなく、およそ幅85×縦108mmの紙製封筒に一回り小さな紙製のギフトカードが入っていること。なんとこのギフトカードは、ロゴマークの部分がステッカー(シール形状)になっている。

ギフトカードのロゴの部分は、ステッカー(シール形状)になっている

左がパッケージ、右がギフトカードの裏面だ。どちらにもギフトカードで購入できる製品やアプリ、音楽、コンテンツなどの種類が記載されている

 これまでiPhoneやMac製品などに、説明書と一緒に同梱されていたステッカーのようなものだが、初回は5つのデザインが用意され、好みのデザインを選んで購入することができる。アメリカでは2021年の2月に、ビリー・アイリッシュのヘアカラーをイメージした期間限定バージョンのApple Gift Cardを発売し、話題になった。日本で限定バージョンの発売が予定されているなどの発表は現時点ではないが、期待したいところだ。

現在、5種類のデザインがラインアップ

 Apple Gift Cardは、以下の種類・価格が用意されている。

・Apple Store(オンライン):1000円分〜50万円分(Eメールで贈る場合はステッカーの代わりに画像を贈ることができる)

・Apple Store(直営店):1000円分〜50万円分
・コンビニエンスストア、家電量販店など:金額固定 1500円分、3000円分、5000円分、1万円の分4種、任意の金額が設定できるバリアブル 1000円分〜10万円分
※コンビニエンスストア、家電量販店などでは11月中旬より順次販売開始


 

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中