ほぼ日、AR地球儀「ほぼ日のアースボール」で使用できる新ARコンテンツ「SDG Maps」をリリース

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ほぼ日は11月5日、販売するAR地球儀「ほぼ日のアースボール」において、専用アプリで世界の今が見える新ARコンテンツ「SDG Maps」をリリースした。

 本コンテンツは政策研究大学院大学・田中明彦研究室と共同で製作・開発にあたったもので、SDGs入門としてわかりやすいテーマを目標ごとに1つずつ・計17個選び、アースボールの球体上で見られるようにしたもの。

SDG Mapsで見られる17のマップ

 アースボールに専用アプリをかざすと、地球儀上で各国の状況が色分けにより可視化され、一目で現状をとらえることが可能だという。

 ほぼ日のアースボールは、国境も国名もない“宇宙から見た地球そのまま”の地球儀。タブレットやスマホで専用アプリをかざすと、21種類のARコンテンツでさまざまな世界の情報が飛びだす仕組みになっている。価格は3960円。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
12月