Amazon、三菱商事の22MW太陽光発電プロジェクトからの電力購入契約を締結

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazonと三菱商事は9月8日、日本の22MW太陽光発電プロジェクトでの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。

 三菱商事の電力小売事業子会社であるMCリテールエナジーが運用する集約型太陽光発電プロジェクトからの電力調達という。Amazonでは2030年までに全世界の事業を100%再生可能エネルギーで賄うという取り組みを進めており、今回の三菱商事との共同プロジェクトにとって当初の予定よりも5年早く進捗を加速するものとしている。

 三菱商事の電力小売事業子会社であるMCリテールエナジーが運用する集約型太陽光発電プロジェクトは首都圏および東北地方にある現在開発中の450ヵ所以上の拠点にある多数の地上設置型の太陽光発電設備で構成。2022~2023年にかけて順次稼働する予定となっており、すべての設備が稼働するとプロジェクト全体で年間2万3000MWhの電力を生成。今回の契約はコーポレートPPAを活用した集約型太陽光発電プロジェクトとしては日本初で最大のものという。

 Amazonと三菱商事は、再生可能エネルギー購入契約により企業の再生可能エネルギー調達の選択肢を拡大するとともに、日本の多くの地域に環境分野への雇用と投資を後押しするとしている。なお、公的な助成金への依存や、日本の納税者や料金負担者の負担増にはなっていないとしている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
10月
12月