このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第317回

シャープ「AQUOS zero6」が150g切りの圧倒的軽さで得たものと失ったもの

2021年11月03日 12時00分更新

文● 佐野正弘 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープの新しいスマートフォン「AQUOS zero6」。大画面の有機ELディスプレーに加え、約146gという“軽さ”が復活するなど、AQUOS zeroシリーズらしい特徴を備えたスマートフォンとなっている。その使い勝手と実力を実機から確認してみたい。

特筆すべき軽さだがキー配置には不満も

 まずは本体について確認すると、ディスプレイサイズは6.4インチでサイズは約73(w)×158(h)×7.9(d)mm。スタンダードなサイズ感ではあるが、やはり特筆すべきは重量であろう。

「AQUOS zero6」の正面。スクエアなデザインでフロントカメラ部分はノッチとなっている

 冒頭でも触れたが、AQUOS zero6の重量は150gを切る約146g。ハイエンドモデルを中心に200gを超えるスマートフォンが急増する中にあってかなりの軽さといえ、片手で持っていても疲れにくいのはうれしい。ここ最近のスマートフォンで軽さを打ち出しているものとしてはシャオミの「Mi 11 Lite 5G」が挙げられるが、こちらは厚さが6.81mm、重量が159g。薄さでは負けるが軽さはAQUOS zero6の方が上だ。

 ただ、これはMi 11 Lite 5Gでも感じたことではあるのだが、軽さに重点を置いている分、ボディー素材は樹脂素材が中心となるため、軽さもあって手にした時の高級感や所有感が弱くなりがちでもある。このあたりの感じ方は好みによるところも大きいので、実際に手に取って判断してみることをオススメしたい。

 ボディーデザインはiPhone 12/13シリーズに近いスクエアな印象のものだが、側面に窪みをもたせるなどしてホールド感を良くしているようだ。カメラ部分の出っ張りもかなり小さく、背面を背にして置いても傾きが少ないのはうれしい。

背面から見たところ。カメラ部分はスクエアで出っ張りも小さいが、素材感はややチープな印象だ

 側面を見ると、7.9mmという薄さながらイヤホン端子を備えるなど、軽さを重視したモデルとしてはインターフェース類が充実している。ただ唯一、大きな不満点はGoogleアシスタントキーの位置だ。

7.9mmと薄型ながら、側面上部にはイヤホン端子を搭載している

 というのもAQUOS zero6のGoogleアシスタントキーはボリュームキーと電源キーの間に設置されており、電源キーと出っ張りが大きく変わらない。Androidスマートフォンはボリュームキーのすぐ下に電源キーがある機種が多いので、そうした機種に慣れているとかなりの割合で電源キーとGoogleアシスタントキーを押し間違えてしまいやすい。

右側面から見たところ。Googleアシスタントキーがボリュームキーと電源キーの間に配置され、全体的に中央寄りの配置となっているのが分かる

 またGoogleアシスタントキーをこの位置に配置したことで、本体中心部分にキーが集中してしまい、スマートフォンを三脚などに装着するマウントを付ける位置がかなり制限されてしまうといった問題もある。Googleアシスタントキーの利用頻度を考えるとこの配置には疑問を抱かざるを得ない、というのが正直なところだ。

「AQUOS R6」の影響を受け画質改善が進んだカメラ

 続いてカメラについてチェックすると、背面のカメラは約4800万画素/F値1.8の標準カメラと、約800万画素/F値2.4の広角カメラ、同じく約800万画素/F値2.4の望遠カメラの3眼構成で、レーザーAFも搭載している。

カメラは標準、広角、望遠の3眼構成となる

標準カメラで撮影した写真

同じ場所から広角カメラで撮影。画角は120度と広く、歪みもあまり目立たない

同じ場所から望遠カメラで撮影。光学2倍ズーム相当での撮影が可能だ

 AQUOS zeroは元々ディスプレーと本体の軽さ、ゲーミングなどに重点を置いたシリーズで、カメラにはそこまで重点を置いているわけではない。それゆえ性能的にはミドルクラスに相応しい内容といえるのだが、新しい画像エンジン「ProPix3」を搭載し、従来よりも鮮明で高い画質の写真を撮影できるようになっている。

標準カメラで夜景を撮影。全体的にややソフトな印象だが色や明るさは十分だ

同じく標準カメラで「背景ぼかし」を使って撮影した写真。細部の濡れた表現もできており、ぼかし具合も自然にできている

 これまでシャープ製スマートフォンのカメラは、画質面に課題があるとの声が多かったが、ライカカメラと協業し1インチセンサーを搭載するなど、カメラ性能に力を入れたAQUOS R6の影響を受け、改善が進んだといえそうだ。ちなみに画面下部のメニューをスライドするとアイコンが現れ、どの機能を選んでいるかがわかりやすくなっているなど、インターフェース面もAQUOS R6からの工夫が継承されており操作しやすくなっている。

 ただ気になったのは、望遠カメラがシーンによって白飛びしやすいケースが見られたこと、そしてカメラや設定の切り替えをする際の動作がやや遅いこと。切り替えの度にワンテンポかかってしまうことから、ハイエンドモデルでの撮影に慣れている人などは少々不満を感じるかもしれない。

曇天の順光下で望遠カメラを使って撮影。キリンが白飛びしやすく、綺麗に写すのが難しかった

 一方のフロントカメラは、約1260万画素/F値2.3と、こちらも性能的にはスタンダードな内容。もちろん美肌機能はしっかり備わっており、分かりやすいインターフェースで好みの調整が可能だが、背景ぼかしもこちらで調整する形となり、カメラの「背景ぼかし」機能はフロントカメラで利用できないなど、やや混乱しやすい部分があるのには注意が必要だろう。

フロントカメラで撮影した写真

いわゆる美肌機能もしっかり搭載されているが、フロントカメラでの背景ぼかしもこちらで調整する必要がある

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン