このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第159回

グーグル最新AIスマホ/パンデミックの予測が外れた理由

2021年11月03日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グーグル最新AIスマホに見る、コンピューター「再発明」の方向性

グーグルが発表した最新スマホ「ピクセル6(Pixel 6)」は、人工知能の演算を専門に処理する回路を備えている。AIはすでに私たちの生活に溶け込んだ。そしてコンピューターのあり方も変えようとしている。

≫ 続きはこちら

パンデミックの予測はなぜ外れたのか? 疫学者が語る失敗の本質

少しでも確かな情報を基に、感染者数や死者数などについて予測を立てようとしたパンデミックの試みはことごとく失敗した。程度の差こそあれ、この分野のプロである疫学者も失敗を重ねている。問題を分解し、知見を修正しながらより精緻なものにしていく工学的思考が必要なのかもしれない。

≫ 続きはこちら

身体構造と知能の関係、スタンフォード大が進化型AIボットで実証

スタンフォード大学の研究チームは、バーチャル環境で進化するAIボットを用いて、身体の構造と知能が密接に関連していることを示した。体の構造を固定したうえでタスクの訓練をする従来のAIロボットの構築方法を覆すかもしれない。

≫ 続きはこちら

フェイスブックはなぜ 嘘とヘイトを許したのか? AI部門責任者を直撃

「ユーザーより自社の利益を優先している」と主張する元社員の内部告発を受け、フェイスブックが揺れている。フェイスブックは反論しているが、主張を裏付けるのはこの元社員の証言だけではない。MITテクノロジーレビュー米国版はAI部門の責任者や関係者を1年にわたって取材している。今年3月、米国版に掲載された2万字にわたる長文記事を掲載する。

≫ 続きはこちら

コロナ禍で「爆売れ」中国ハイテク機器の影に監視国家の非道行為

少数民族に対するハイテクを使った人権侵害が中国で横行している。米国が新型コロナ対策に購入している熱感知カメラや顔認識システムは、こうした行為に加担する企業によって開発・訓練されたものであることを忘れてはならない。

≫ 続きはこちら

ブタの腎臓のヒトへの移植に成功 遺伝子操作で拒絶反応抑える

遺伝子操作したブタの腎臓を、脳死状態の患者に移植する手術が成功した。実用化にはまだ課題が残るが、臓器移植を待つ人々を将来的に救える可能性がある。

≫ 続きはこちら

5〜11歳までへのワクチン接種、米国で11月初旬にも開始へ

米国で、5歳から11歳までの子どもへのワクチン接種が進められる可能性が高まっている。FDAの専門家委員会はすでにゴーサインを出しており、来週のCDCの諮問委員会で承認されれば、11月初旬にも接種が開始される。

≫ 続きはこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ