このページの本文へ

リーズナブルな価格ながらしっかり16GBメモリーを搭載しているのもポイント

13万円台で「ファークライ6」や「Apex Legends」もしっかり遊べる! RTX 3050 Ti搭載15.6型ゲーミングPC「GALLERIA RL5C-R35T」

2021年10月14日 13時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GALLERIA RL5C-R35T」

 サードーウェーブのゲーミングパソコンブランド「GALLERIA」の「GALLERIA RL5C-R35T」は、Core i5-11400HとGeForce RTX 3050 Tiを搭載する15.6型ノートパソコンだ。ディスプレーのリフレッシュレートは144Hzなため、FPSタイトルが快適にプレイできるのも特徴となっている。加えて価格は13万9980円からと、ゲーミングノートとしてはリーズナブルなのも魅力だ。

 前回は、GALLERIA RL5C-R35Tの基本性能を紹介したので、今回はゲームがどれくらい快適に遊べるかをチェックしていく。

 GALLERIA RL5C-R35Tの主なスペックをおさらいしておくと、Core i5-11400H、GeForce RTX 3050 Ti、16GBメモリー、512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)という構成だ。

 まずは、「VALORANT」からチェック。グラフィック品質を高と中に変更しつつ、「CapFrameX」でフレームレートを計測。なお、最小フレームレートの代わり、すべてのデータのうち1%にあたる1パーセンタイルフレームレートを使用し、以下、文中とグラフ中ともに「Minimum(1%)」と表記している。

「VALORANT」の結果

 結果は、高でも平均200fpsを超えるため、本機の144Hzディスプレーを存分に活かしてプレイすることが可能だ。加えて、設定を中にすればMinimum(1%)も140fps台になるため、ほぼ張り付きで遊べるといっていいだろう。

 続いて、「レインボーシックス シージ」のゲーム内ベンチマークをチェック。こちらも総合グラフィックスを最高、超高に変更しつつチェックした。なお、起動時に「Vulkan」を選択している。

「レインボーシックス シージ」の結果

 結果は、どちらも最小フレームレートが144fpsを超えているため、本作であれば144Hz張り付きでプレイできるといっていいだろう。

 「Apex Legends」は、デフォルトと、普段プレイしている設定にカスタムしての計測を実施。CapFrameXでチェックした。なお、普段の設定は以下となる。

カスタム後の設定
アンチエイリアス TSAA
テクスチャストリーミング割り当て 高(VRAM:4GB)
テスクチャフィルタリング 異方性8x
アンビエントオクルージョン品質
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール
空間光 無効
ダイナミックスポットシャドウ 無効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク
ラグドール

「Apex Legends」の結果

 結果は、デフォルトでも平均125fpsでMinimum(1%)が94.5fpsと、そこそこ高めの結果に。さらに、設定をカスタムしたところ、平均が142.2fps、Minimum(1%)も109.1fpsと100fpsを超えたため、設定次第ではApex Legendsもしっかりとプレイできるのがわかる。

 最後に、発売されたばかりの「ファークライ6」のゲーム内ベンチマークもチェックしておこう。こちらは、グラフィック品質を高、中、低に変更しつつ計測した。

「ファークライ6」の結果

 結果は、さすがに高だと最小fpsが47と低くなってしまうものの、中だと54fps、低だと62fpsと最小で60fpsを超えるのには驚いた。最新タイトルのファークライ6が、設定しだいでも快適に遊べるというのは、かなりうれしいポイントだろう。

 ただ、レイトレーシングをオンにしようとすると、さすがにVRAMの容量が足りなくなるため、レイトレーシングを活かして本作をプレイしたいという人は、もう少し上のグレードのマシンを選択したほうがいいだろう。

初めてのゲーミングマシンにもオススメ

 GALLERIA RL5C-R35Tは、第11世代のCore i5とGeForce RTX 3050 Tiを搭載し、設定次第では本機の144Hzディスプレーもしっかりと活かしてゲームプレイできるというのがわかった。価格も13万円台と、ゲーミングノートパソコンとしてはリーズナブルな部類に入るため、これからPCゲームを始めたい人や、コンシューマー版からPC版にチャレンジしてみようと思っている人は、GALLERIA RL5C-R35Tを検討してみてはいかがだろうか。

GALLERIA RL5C-R35Tの主なスペック
CPU Core i5-11400H(2.7~4.5GHz)、6コア/12スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3050 Ti
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア、144Hz
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GHz Ethernet対応)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1
インターフェース USB 3.1 Gen1×2、USB 2.0、USB 3.1 Gen2 Type-C、マイク入力、ヘッドフォン出力、HDMI 2.1、有線LAN端子、SDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅360×奥行244×高さ20.0/約2.0kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ