このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

AH-C830NCW、AH-C630W

音と身近になれる、デノン初の完全ワイヤレス

2021年10月15日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

それぞれに魅力があるAH-C830NCWとAH-C630W

 AH-C830NCWとAH-C630Wはともに音質の良さを中心としながら、必要な機能をシンプルにまとめている。どちらを選ぶかは悩ましいところだ。しかし、低価格帯に多い、ビート感や迫力感に振った低音重視のイヤホンや、高解像度系のHi-Fiイヤホンでもない中庸だが、色彩感豊かに音楽のエッセンスを伝えるイヤホンに仕上がっているのは確かだ。空間を広く取り、ボーカルや各楽器がその空間上に浮き立ち、情報量は豊富だが、高域がギスギスとしたり、ソース楽の粗が目立ったりしないスッキリとした表現が魅力的だ。

 また、特にAH-C630Wは声の表現が非常によく、音楽に限らず、セリフが大切な映画作品やソーシャルゲームなどにも適したイヤホンと言えそうだ。中高域がきれいなので女性の声などが非常に魅力的に聴こえる。音楽に限らず、スマホで楽しむコンテンツ全般を高音質にしたいという人に適した選択肢だ。AH-C830NCWは低域が出る分、より迫力感が増し、バランス的にニュートラルに近くなる。多機能モデルで応用できる範囲も広いので、さまざまなシーンで標準的に使うモデルとして手元に置きたい。

 ノイズキャンセルの性能も高く、タクシーの車内や新幹線、飛行機での移動などのお伴としても最適だし、ワンタッチで周囲音ミックス機能とノイズキャンセリングを切り替えながら、オープンなスペースで仕事や勉強に集中したいといった用途でも活躍してくれそうだ。

 デノンとしては初となった完全ワイヤレス機だが、あとから出ただけにその完成度は高い。音楽が好きでその世界により深く入りたいという人はもちろんだが、仕事や日常生活でイヤホンを使うシーンが増えている人が自然に使える選択肢としてもオススメしたい。

■関連サイト

(提供:デノン)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン