このページの本文へ

AH-C830NCW、AH-C630W

音と身近になれる、デノン初の完全ワイヤレス

2021年10月15日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

小型でマットな質感のケースがいい感じ

 編集部に届いたAH-C830NCW/AH-C630Wを早速試してみた。まず感じたのはケースの手触りの良さ。コンパクトでおさまりがいいし、さらにマットな質感で滑りにくい点もいいところだ。細かなところだがふたを開けやすくする工夫もある。普通ピッタリと合わせるふたの部分にほんの少しだけ段差をつけて指がかかりやすくしているのだ。写真などでは分かりにくいがにくい演出のひとつだろう。

コンパクトで持ちやすいケース。ふたの下に段差があって開けやすい。

 最近の完全ワイヤレスはケースが大型化する傾向がある。バッテリー寿命などの点では有利だが、厚みがあってポケットに入れにくくなっては本末転倒だ。その点、デノンの充電ケースは薄型になっており、Yシャツの胸ポケットなどにも入れられる大きさ。一方で本体のみで6時間、ケース充電併用で24時間の連続再生が可能(AH-C830NCW/ノイズキャンセリングオフ時)になっており、実用上は問題なさそうだ。

聞いてすぐわかる高音質、声の再現がとてもいい!

 まずは最大の特徴である音質から。

 ここはさすがデノンと感じさせる高品位な仕上がりになっている。声の再現がとてもいい。単に美しさや明瞭さがあるだけでなく、広い空間の中に浮き立つような立体的な再現になっている点が印象的だった。

 過去の取材でスピーカー制作者から「何よりも重要なのは声」、だから試聴時にはまず最初にシンプルなボーカル曲から聴くし、その表現である程度の実力が分かるというコメントをもらったことがある。確かに、声は人間にとって一番注目がいくポイントであるし、音楽を聴く際にも歌詞やボーカリストが込めたニュアンスが非常に重要になる。

音の良さに感激するヒロム

 AH-C830NCWとAH-C630Wの基本的な傾向は似ていて、中高域が美しく伸びるブライトな表現になっている。高域がハッキリすると倍音などが際立ち、音の解像感や明瞭感が増す傾向がある。そのため高級価格帯のイヤホンは高域の再現性が高いものが中心だ。ただし、ここが過度になると、長時間のリスニングで疲れやすい音質になってしまう面もある。

 デノンの2機種は中高域の伸びを意識しつつも、いたずらに解像感を求めるのではなく、中庸で落ち着いた雰囲気を出すことに成功している。結果、スッキリとして爽快感があり、ボーカルの子音や息遣いと言った質感がよく伝わる見通しのいい表現を手に入れているのだ。シンプルなボーカル曲もいいが、トラック数の多いポップス系の楽曲でも声が埋もれず抜け感よく響く。音楽の全体像がよく把握できる一方で、細部の情報もつまびらかにトレースする非常にバランスのいい仕上がりになっているのだ。

 中高域の美しさについて書いたが、音楽の支えとなり、リズムや音の実体感に関係する低域も非常にしっかりしている。AH-C830NCWとAH-C630Wは異なるドライバーを使用しており、AH-C830NCWのほうが面積が大きいぶん、低域の量感が出る。そのためより音が深く沈み、アタックや芯が出てくるが、好印象なのはパーカッションを連打した際にも反応が速く、正確なリズムを刻んでくれる点だ。いたずらに量感を出してこもったり不明瞭な音にするのではなく、あくまでも全体のバランスの中で適切な低域を出している。

フィルター部分は金属。つくりが緻密。

 逆にAH-C630Wは重低音の領域を敢えて削ったのか、やや軽い音に聞こえるが、これはこれでありな表現。理由は重低音が上の帯域にかぶることによって生じる不明瞭さがないためだ。結果、声の聞こえが非常に明瞭で、シンプルなボーカル曲やアコースティックな楽曲との相性がいい。繊細で細かい音の再現を重視する人にはいい選択だろう。

AH-C830NCWとAH-C630Wの甲乙はつけがたい

 AH-C830NCWとAH-C630Wは機能や価格の違いがあり、単純な上位下位ではなく、それぞれに魅力がある表現ができる機種という印象を持った。実体感や正確なリズム感を重視するならAH-C830NCW、音の彫琢が豊かで声や弦の繊細な表現を求めるのならAH-C630Wという感じで、甲乙つけがたい魅力を持つ機種に仕上がっている。いずれもこの価格帯ではほかの機種から得られない個性があり、際立つ音を出す存在と言えそうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン