このページの本文へ

ハッセルブラッド、80年の歴史を象徴する「907X アニバーサリー エディション キット」を発表

2021年09月29日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハッセルブラッドは9月29日、「907X アニバーサリー エディション キット」を発表した。

 同社が1941年に登場したハッセルブラッド初のカメラ「HK-7」の誕生から80周年を記念した世界限定800台のモデルとなる。

 1950年代に開発された超広角レンズ搭載カメラ「SWC」に搭載されていたビオゴン38mmを想起させるXCD 30mm広角レンズを装備し、アニバーサリーエディションだけの新しいレンズ鏡筒デザインを採用。

 フォーカスリングにはハッセルブラッドロゴを刻んでいるほか、カメラボディーとグリップは黒のグレインレザーで覆われ、アルマイト処理されたルナーグレーの縁取りを施している。カメラの片側には「Since 1941」と書かれた記念プレートがあり、手書きで「Hasselblad」と書かれたロゴが、カメラ本体とオプティカルビューファインダーの両方に入る。

 キットは907X カメラボディーに加えて「CFV II 50Cデジタルバック」、コントロールグリップとオプティカルビューファインダー、XCD 3.5/30レンズが同梱。日本での予約開始日及び発売日は確定次第発表とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン