このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第566回

透明ボディーのモバイルバッテリーやキーボードをMeizuが新スマホと同時発表

2021年09月27日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ以外の周辺機器も魅力のMeizu新製品

 中国のハイエンドスマートフォンメーカー「Meizu」が9月22日に新製品「Meizu 18s Pro」「Meizu 18s」「Meizu 18x」の3機種を発表しました。上位モデルの「18s Pro」と「18s」はSnapdragon 888+を搭載、カメラは18Pro sが5000万画素+3200万画素超広角+800万画素光学3倍望遠+30万画素深度測定、8K動画撮影にも対応するなどカメラ性能にも優れています。価格はメモリー構成8+128GBで4599元、約7万8000円です。

ハイスペックなカメラを搭載するMeizu 18s Pro

 ところでMeizuにはキャラクターマスコットが存在します。PANDAERという名称でパンダを模したキャラ。Meizuグッズなどに採用されましたが目立つ存在ではありませんでした。シャオミが当初「米兎」というキャラクターを採用して人気になったことなどからキャラクターを設定したのかもしれませんが、Meizuのスマートフォン人気を押し上げるものにはならなかったのです。

 今回の新しいスマートフォンの発表に合わせ、MeizuはPANDAERのキャラクターを一新させ、より親しみのあるものに生まれ変わらせました。それと同時にPANDAERキャラを採用した周辺機器も発売したのですが、Mezuユーザー以外も注目したいカッコイイ製品が出てきたのです。

生まれ変わったMeizuのキャラクター「PANDAER」の周辺機器やアクセサリー

 まずはモバイルバッテリー。容量は2000mAhでUSB Type-AとType-C端子をひとつづつ備えます。出力は最大118WでPDやQC3.0にも対応。本体は透明ポリカーボネート製で、側面にはPANDAERのキャラが描かれています。本体サイズは約65×156×30.4mm、145g。

透明ボディーの20000mAhモバイルバッテリー

 中の基板やバッテリーモジュールが見えるのがいいですよね。モバイルバッテリーメーカー、Shargeとのコラボレーション品で製品の正式名称は「PANDAER X SHARGE 118W ビジュアルモバイルバッテリー」。充電はUSB Type-C(65W)、出力はUSB Type-Cが100W、Type-Aが18Wとなります。

基板やバッテリーが見えるのがカッコイイ

 240×135ドットのカラーディスプレーを搭載し充電・給電関連の情報もリアルタイムに数値で表示されます。本体内部には充電時の過熱を防止するための温度センサーも内蔵されているようで、実際の温度も表示できるのが便利。本体が熱いかな? といった異常時も実温度を確認できるわけです。

カラーディスプレーに充電状況や温度を表示できる

 別途太陽電池充電器も提供されます。5時間30Whという性能なので太陽光の当たる屋外などで放置しておけばそれなりに充電される、というイメージ。大きさは縦がモバイルバッテリーと同じ幅で、のり巻きのように巻き取り式で持ち運べるようです。

巻き取り式の太陽電池充電器

 このモバイルバッテリーと太陽電池はクラウドファンディング方式で販売されるようで、出資者を募って先行販売、となるようです。追って一般販売もされると思われますが、透明ボディーがカッコイイだけにぜひ入手できるようにしてほしいもの。モバイルバッテリーは699元(約1万2000円)、太陽電池充電器のセットが899元(約1万5000円)となっています。

一般販売される日が待ち遠しい

 さてもう1つの面白い周辺機器はキーボード。スマートフォンにキーボードとは不思議ですが、モバイルゲーム利用を意識した製品なのでしょう。なお、接続はBluetooth 5.1、無線2.4GHz、USB Type-Cに対応するのでPCでも利用可能です。このキーボードにももちろんPANDAERのキャラが所々に描かれています。

3つの接続方式が選べるキーボード

 キーボードメーカーであるIQUNIXとのコラボ商品であり、キーの数は80。キースイッチははCherry版とTCC版の2種類があります。またキー軸は赤、茶、青、銀から選択可能。価格はどれも699元(約1万2000円)。1600万色表示可能なバックライトのあるRGB版は799元(約1万4000円)です。

80キー配列。2.4GHzドングルは右上ESCキー(PANDAERの顔)隣に差し込める

キースイッチは細かく選べる。もちろん後から自分で交換可能だ

 キーボード全体にはかなり傾斜があり、入力しやすい形状になっているといいます。

傾斜のついたキーボード。本体は透明

 キーボードの文字はちょっとデザインを工夫しています。スペースバーなどの表記も楽しい感じ。Macユーザー用に交換用のOptionキーやCommandキーも付属するのはうれしい配慮です。

キーボードのフォントにも凝っている。Mac用のキーも付属

 本体サイズは325×163×65mm、1053g、バッテリーは4000mAhを内蔵します。このキーボードもMeizuのクラウドファンディングで先行発売。一般販売時には入手して使ってみたいと思います。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン