このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

12スレッドのモバイル向けCore i7とGTX 1650 Tiを搭載、メモリーもしっかり16GB

高コスパでも144Hz液晶でガッツリ遊べる! ライトゲーム+メインマシンにも最適な15.6型ノートPC「G-Tune P5-144」

2021年10月01日 11時00分更新

文● 文● 藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「G-Tune P5-144」

 オンラインによる仕事や学業をはじめ、増えたおうち時間を快適に行なうのにマストなパソコン。ここまで長引くと想定していなかったコロナ過初期に、急遽購入した中古の型落ちモデルや、会社から提供されたパソコンだと、どうしても動作がモタつき、作業のたびにストレスが溜まっていくなんて話は珍しくない。

 そんなストレスの解消には、根本のパソコンの買い換えがベストで、先日紹介したマウスコンピューターのモンスターゲーミングパソコン「G-Tune HP-Z」(関連記事)のように、ユーザーの願望をまとめて叶える1台をドーンと導入するのもありだが、今回はコストパフォーマンスがよく、仕事や学習、ゲームといった快適なおうち時間を実現できる15.6型ゲーミングノートパソコン「G-Tune P5-144」を紹介していこう。

 書斎やリビングなどに手軽に持ち運べる薄型・軽量ボディーに、12スレッドのモバイル向けCore i7と、ディスクリートGPU(dGPU)にNVIDIA「GeForce GTX 1650 Ti」を搭載。ゲームはもちろん、Officeソフトを使ったビジネスユースや、写真、動画の編集もこなせる汎用性の高さを持ちつつ、標準構成で16万4780円からと魅力的だ。

 今回は、このG-Tune P5-144の気になる使い勝手や処理能力を明らかにしていこう。

Core i7+dGPUで144Hzディスプレー採用、負荷が低いeスポーツタイトルならガッツリプレイ可能

G-Tune P5-144は、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」に属する

 まずはG-Tune P5-144のスペックを確認していこう。CPUは第10世代Coreプロセッサーで6コア/12スレッド、最大5.0GHz動作に対応する「Core i7-10750H」を搭載。そのうえ、dGPUにはエントリークラスではあるが、「Apex Legends」や「フォートナイト」を60fpsでプレイできるNVIDIA「GeForce GTX 1650 Ti」を採用し、15.6型ディスプレーはリフレッシュレート144Hz駆動をサポート。GPU負荷の低いeスポーツタイトルであれば、滑らかな描画でプレイすることが可能だ。

 そのほか、16GBメモリーや、512GB M.2 SSDに、最大2.4GbpsをサポートするWi-Fi 6と有線LANのデュアルネットワークなど、標準構成のままで十分な実用性が備わっている。

試用機の主なスペック
機種名 G-Tune P5-144
CPU Core i7-10750H(6コア/12スレッド、2.60GHz~5.00GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1650 Ti
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、リフレッシュレート144Hz、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1 Gen2 Type-C、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0、ヘッドフォン/ヘッドセット出力、マイク入力、HDMI出力、Mini DisplayPort出力
サイズ/重量 およそ幅359.5×奥行き238×高さ22.8mm(突起物含まず)/約2.01kg
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ