このページの本文へ

Honda、自動運転技術に関する技術実証を栃木県宇都宮市で9月中に開始

2021年09月08日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Hondaは9月8日、GMクルーズホールディングスLLC、ゼネラルモーターズと共同で展開予定の日本での自動運転モビリティーサービス事業に向け、自動運転技術に関する技術実証を9月中に開始すると発表した。

地図作成車両

 本実証実験は栃木県宇都宮市・芳賀町において行なわれ、まず自動運転車両が安全に走行するための準備として、地図作成車両を用いた高精度地図の作成を実施する。

 地図の準備が整い次第、自動運転車両「クルーズAV」による公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術を開発・検証するとしている。

 また技術実証においては、HondaとGMクルーズホールディングスLLCが共同で開発作業に取り組むとともに、栃木県のHonda施設内に実証拠点を新設し、推進していく。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン