このページの本文へ

Hondaと楽天が筑波大学構内などで自動配送ロボットの走行実証実験を共同開始

2021年07月19日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本田技術研究所(以下、Honda)と楽天グループは7月19日、筑波大学構内および一部公道における自動配送ロボットの走行実証実験を共同で開始した。

 本実証実験では、Hondaが開発した自動配送機能を備えた車台に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載した自動配送ロボットが、筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む全長およそ500mを自動走行する。ロボットは、楽天モバイルの通信回線を用いて、遠隔で監視する。実証実験の実施期間は8月31日まで。

 なおHondaは、本実証実験での技術検証・データ収集・ニーズ把握を踏まえ、自動配送ロボットを活用した商品配送サービスの提供を目指し技術開発を継続していくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン