このページの本文へ

レノボ、年次イベント第7回「Tech World」を開催。ビジョンである「Next Reality」をビジネスユーザーとコンシューマに向けて発信

2021年09月08日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは9月8日、同社の年次イベント第7回「Tech World」を開催した。

 同イベントでは、大幅に内容を拡大したLenovo TruScaleの“Everything-as-a-Service"ビジネスモデルをはじめとして、エッジからクラウドまでのインフラストラクチャー製品、データセンター製品、広範なノートPC、タブレット、ディスプレー製品群、エッジコンピューティングとアクセサリーを一挙に公開することで、同社が掲げるビジョン「Next Reality」をビジネスユーザーとコンシューマに向けて発信した。

 大きなテーマとなったのは、Lenovo TruScaleをこれまでのインフラストラクチャーサービスから拡大し、Everything-as-a-Serviceとして1つのビジネスモデルとして集約したことだ。

 今後、Lenovo TruScaleではあらゆる規模の企業に、スケーラブルでクラウドのような消費モデルと、ハードウェアやサービスを含む予測可能な支払いオプションによって、競争力を維持するために必要な柔軟性を提供するとしている。

 またイベントでは、同社のチーフテクノロジーオフィサー兼シニアバイスプレジデントのDr.Yong Rui(ヤン・リュウ)が同社開発のAI「Lenovo Brain」(製造、ヘルスケア、教育などのさまざまな業界に特化した顧客の課題解決のためのプラットフォーム)のコアテクノロジーを公開。

 Yong氏はLenovo Brainの開発計画として、AIによるソリューション構築、デプロイメント、サポートなど他の産業への展開も発表している。

 そのほかVMwareのソフトウェアソリューションによるレジリエントなエッジである「ThinkSystem SE350 Edge Servers」の発表、エッジコンピューティングのさらなるスマート化、サステナビリティーのためのイノベーションなどについて同社のビジョンが発表された。

 Tech Worldで発表されたリリースの全文(英文)はこちらから。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン