このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第139回

ファーウェイ「MateBook X Pro 2021」 実機レビュー = 11世代コアに14型3Kディスプレーが魅力!-倶楽部情報局

2021年09月08日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「ファーウェイ「MateBook X Pro 2021」 実機レビュー = 11世代コアに14型3Kディスプレーが魅力!」を紹介します。


 ファーウェイ・ジャパンは最新ハイエンドノートPC「HUAWEI MateBook X Pro 2021」を発売、市場想定価格は27万4780円(税込)である。

 今回の2021年モデルは2020年モデルより順当に進化。本体サイズ・重量はまったく同じだが、カラーは新色のエメラルドグリーンを採用。また第11世代(Tiger Lake)のCPU、Wi-Fi 6(11ax)にアップグレードされており、性能は着実に進化している。

 その一方で、内蔵グラフィックスの「Intel Iris Xe Graphics」が性能向上していることから、外部グラフィックスは省略されている。

 今回は本製品を、Core i7-10510UとGeForce MX250を搭載する「HUAWEI MateBook 13 2020」と比較することで、パフォーマンスがどのように変わったのかに注目してレビューしていこう。

ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI MateBook X Pro 2021」(市場想定価格27万4780円)

CPUはCore i7-1165G7を採用。GPUは内蔵グラフィックスのIntel Iris Xe Graphicsとなり、外部グラフィックスは省略された

ボディーデザインは同じで、
CPUとワイヤレス通信機能をアップグレード

 2021年モデルに用意されているのは1機種のみ。OSは「Windows 10 Home 64ビット」、CPUは「Core i7-1165G7」(4コア8スレッド、2.80~4.70GHz)を採用。メモリーは16GB(LPDDR4X)、ストレージは1TB SSD(PCIe Gen3 x4)を搭載している。

 ディスプレーのスペックは前モデルとまったく同じで、13.9型LTPS液晶(3000×2000ドット、260ppi、コントラスト比1500:1、最大輝度450cd/平方m、sRGBカバー率100%、マルチタッチ対応)を搭載。4.4mmの狭額縁設計により、画面占有率は約91%。また画面前後の見通しがいい、3:2のアスペクト比も踏襲している。

 インターフェースは左側面にUSB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、映像出力、充電対応)×2、USB 3.2 Gen1 Type-A×1、3.5mmコンボジャック×1を搭載。無線LANはWi-Fi 5(11ac)からWi-Fi 6(11ax)に、Bluetoothは5.0から5.1にアップグレードしている。

 本体サイズは304×217×14.6mm、重量は約1.33kg。56Whのバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間はJEITA 2.0基準で約13.7時間とされている。

 ボディー形状は2020年モデルと同一だが、デザインはいまだ新鮮。新色のエメラルドグリーンはハイエンドモデルにふさわしい質感を演出している。ただ、使い勝手を考えるとUSB Type-Cを左右にひとつずつ配置してほしいと思う。次期モデルではインターフェース構成が進化することに期待したい。

本体天面。ボディーはフルメタルで、カラーは新色のエメラルドグリーンを採用

本体底面。底面手前側にスピーカーをふたつ内蔵。シリアルナンバーはシールに記載されている

ディスプレーは13.9型LTPS液晶(3000×2000ドット、260ppi、コントラスト比1500:1、最大輝度450cd/平方m、sRGBカバー率100%、マルチタッチ対応)

キーボード面。キーボード左右にスピーカーがふたつ内蔵されており、合計4つのスピーカーシステムとなっている

本体前面下部にはデュアルマイクを装備

右側面にUSB 3.2 Gen1 Type-A×1、左側面に3.5mmコンボジャック×1、USB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、映像出力、充電対応)×2を配置

ディスプレーの最大展開角度は141度

本体以外に、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、HUAWEI MateDock2、クイックスタートガイド、PCリサイクルマークシール、WPS Officeライセンスカードが同梱

ACアダプターのサイズは実測60×60×28.5mm(プラグを除く)。USB Type-Cケーブルの長さは実測179cm

ACアダプターの型番は「HW-200325JP0」。仕様は入力100-240V~1.8A、出力5V 2A、9V 2A、12V 2A、15V 3A、20V 3.25A、容量65W

HUAWEI MateDock2はUSB Type-C、VGA、HDMI、USB Type-A端子を装備。USB Type-Aは裏側にある

本体の実測重量は1335g

ACアダプターとUSB Type-Cケーブルの合計重量は実測195.2g

キーボード、タッチパッドの操作性は◎
ディスプレーも平均以上の色域


 続きは「ファーウェイ「MateBook X Pro 2021」 実機レビュー = 11世代コアに14型3Kディスプレーが魅力!」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1356(2021年10月12日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1355(2021年10月5日発行)

  • 週刊アスキー No.1354(2021年9月28日発行)

  • 週刊アスキー No.1353(2021年9月21日発行)

  • 横浜市特産品を使った「18区丼」今月は「栄区」、横浜市庁舎2階のTSUBAKI食堂にて「よこはま『秋の果実』切り株プレート」9月末まで提供

  • 週刊アスキー No.1352(2021年9月14日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事