このページの本文へ

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社

「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大 利用者数は2500万人超え

2021年09月02日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、「+メッセージ(プラスメッセージ)」をさらに多くのユーザーに利用してもらうため、「+メッセージ」に対応する通信サービスを9月2日から順次、携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大する。

 +メッセージは2021年7月時点で2500万人のユーザーがいる、携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できるメッセージサービス。

 KDDIでは9月2日よりUQ mobile/MVNO(au回線)が対応。NTTドコモでは9月下旬からMVNO(ドコモ回線)が対応予定。またソフトバンクは2022年春からワイモバイル/LINEMO(ラインモ)/MVNO(ソフトバンク回線)が対応予定としている。

 なお+メッセージは対応アプリをダウンロードすることで利用可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン