このページの本文へ

Windows 11の提供開始は10月5日 Windows 10からのアップグレードは徐々に展開予定

2021年08月31日 23時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Microsoftは31日(現地時間)、Windows 11を10月5日に提供開始すると発表した。アップグレード対象となるWindows 10 PCには無償で提供、またWindows 11プリインストールPCも購入可能になる予定。

 今回の発表のブログ投稿では(https://blogs.windows.com/windowsexperience/2021/08/31/windows-11-available-on-october-5/)、PCはこれまで以上に生活において重要な役割を果たし、中でもWindows 11は生産性のさらなる向上や創造性を刺激する存在となると紹介するとともに、Windows 11の11のポイントを挙げている。

 具体的には以下のとおり。

・新しいデザインやサウンド
・コンテンツを中心に据えた新しいスタートメニュー
・デスクトップやマルチタスクをさらに使いやすくするスナップレイアウトとスナップグループ
・タスクバーに統合されたTeamsからのチャット
・パーソナライズされたウィジェットからアクセスできる最新の情報
・DirectX 12 UltimateやXbox Game Passによってもたらされる強力なゲーム環境
・新しくデザインされたMicrosoft Store(Androidアプリの提供は数カ月以内にプレビューを開始予定)
・ハンディキャップを持つ人のためのアクセシビリティ機能の改善
・ソフトウェア開発者やクリエイター向けに新たなツールを提供。新たなデザインやエクスペリエンスを可能にした
・タッチやペン、音声入力における速度や効率の向上、エクスペリエンスの最適化
・オフィスや学校と自宅、また同僚との共同作業といったハイブリッドワークへの最適化。Azure Virtual DesktopやWindows 365でもWindows 11がテスト可能

 Windows 11への無償アップグレードは前述のとおりに、10月5日に開始されるが、ハードウェアの互換性や利用期間、その他の要因の分析により、徐々に展開される予定で、2022年半ばまでには対象となるすべてのデバイスに適用される予定。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン