このページの本文へ

Thermalright「AXP90」

薄型CPUクーラー「AXP90」が発売、高さ違いで計4モデル

2021年08月26日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、ロープロファイル設計のトップフロー型CPUクーラー「AXP90」シリーズが発売された。ラインナップは高さ違いの4モデルで、オリオスペックやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

ロープロファイル設計のトップフロー型CPUクーラー「AXP90」シリーズ

 いずれも厚さ0.3mmのフィン54枚を1.6mm間隔で配置したヒートシンクに4本の6mm径ヒートパイプを内蔵。ニッケルメッキを施したC1100銅製ベースプレートを組み合わせた。冷却ファンは厚さ15mmで92mm径の「TL-9015」(回転数最高2700rpm±10%、風量最高42.58CFM、静圧最高1.33mmH2O、ノイズレベル最高22.4dBA)を採用する。

高さ36mmの「AXP90-X36」(5490円)「AXP90-X36 BLACK」(5990円)

 ラインナップおよび価格は高さ36mmの「AXP90-X36」(5490円)「AXP90-X36 BLACK」(5990円)、高さ47mmの「AXP90-X47 BLACK」(6490円)、高さ53mmの「AXP90-X53 BLACK」(6989円)。CPUソケットはLGA 115x/1200、Socket AM4に対応する。

高さ47mmの「AXP90-X47 BLACK」(6490円)と高さ53mmの「AXP90-X53 BLACK」(6989円)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中