このページの本文へ

Thermalright「Frost Commander 140」

デュアルタワー構造のThermalright製大型CPUクーラー「Frost Commander 140」

2021年08月21日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、デュアルタワー構造のヒートシンクを採用する大型CPUクーラー「Frost Commander 140」が発売された。価格は1万990円。オリオスペックやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

デュアルタワー構造のヒートシンクを採用する大型CPUクーラー「Frost Commander 140」

 厚さ0.4mm、ピッチ1.8mmのフィンを53枚採用したデュアルタワー構造のヒートシンクを採用。さらに8mm径×5本のヒートパイプやニッケルメッキを施したC1100銅製ベースプレートを備える。

本体サイズは121(W)×140(D)×158(H)mm、重量1000gの大型モデル

 冷却ファンにはスクエア型120mm径の「TL-C12 Pro G」(回転数1850rpm±10%/ノイズレベル29.6dBA/風量82CFM)とラウンド型140mm径の「TL-D14X」(回転数1800rpm±10%/ノイズレベル30.2dBA/風量95.5CFM)をデュアル搭載。本体サイズは121(W)×140(D)×158(H)mm、重量1000gの大型モデルとなっている。CPUソケットはLGA 115x/1200/2011/2011-3/2066、Socket AM4に対応する。

厚さ0.4mm、ピッチ1.8mmのフィンを53枚採用したデュアルタワー構造のヒートシンクを採用する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中