このページの本文へ

新型コロナ変異株、 「系統名」の運用支える ネット時代の若手研究者たち

2021年07月30日 16時53分更新

文● Cat Ferguson

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

増え続ける変異株を追跡するために命名される「B.1.1.7」のような系統名は、今や、新型コロナウイルスのグローバルな研究には欠かせないものになっている。ボランティアが運用する「パンゴ(Pango)」と呼ばれる命名システムの中核を担うのは、大学院生や博士研究員などの若手の研究者たちだ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ