このページの本文へ

​シンクライアント端末のプラットフォームにサードウェーブの「THIRDWAVE VF-AD4S」が採用

2021年07月28日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは7月14日より、アセンテックが発売したシンクライアント端末のプラットフォームに「THIRDWAVE VF-AD4S」が採用されたことを発表した。

 本製品はインテルCeleron N4120、インテルUHDグラフィックス600、メモリー4GBを採用したモデル。

 また「快適な入力環境」の確保を最重要視して開発された本モデルは、デスクトップ機並のキーサイズと、日本語JISキーボードレイアウトを実現している。最薄部は14mm(ゴム足部分除く)、重量はおよそ1.3kgの薄型・軽量設計で、鞄に入れて持ち歩きも可能。

 価格は3万4980円で、シンクライアントの特性が活きる柔軟なリモートワークの作業環境実現が可能としている。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ