このページの本文へ

ソニー、αシリーズより動画撮影に特化したVlogデジカメ「VLOGCAM ZV-E10」

2021年07月28日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「VLOGCAM ZV-E1」
専用ウインドスクリーンは同梱

 ソニーは7月27日、αシリーズより動画撮影に特化したデジカメ「VLOGCAM ZV-E10」を発表した。9月17日に発売する。

 SNSなどで動画を投稿するケースが増えていることを受け、Vlog(ブイログ)用の動画撮影機能を充実させたデジカメ。同社ではレンズ一体型「VLOGCAM ZV-1」を昨年発売しており、今回はレンズ交換式でAPS-Cサイズの撮像素子を備えるαシリーズからの新製品となり、レンズ交換による多彩な映像表現や高画質4K映像といった機能の充実が図られている。

ブラックとホワイトの2モデルがラインアップ

 有効約2400万画素のCMOSイメージセンサー「Exmor」と画像処理エンジン「BIONZ X」により、最大6000×4000ドットの静止画や3840×2160ドット/30pの動画撮影が可能。425点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)のAF機能や1200分割ライブビュー分析測光、最大120fpsのスローモーション撮影などの高い撮影機能を備える。

スローモーション撮影や動画、静止画撮影もボタンひとつで切り替えることができる

 動画撮影では電子手ブレ補正機能を備えるほか、本体上面には前方指向性3カプセルマイクを備えており前方向からの集音性能を向上。自撮りを含めた撮影アングルの自由度が高いバリアングル液晶ディスプレー(3型、タッチパネル付き)を備える。

自撮りにも使いやすいグリップが別売で用意される

 Wi-FiおよびBluetooth機能を装備し、スマホからのリモコン操作なども可能。本体サイズはおよそ幅115.2×高さ64.2×奥行き44.8mm、重量およそ343g(バッテリー、メモリーカード含む)で、同社αシリーズの4K撮影機能搭載カメラとして最軽量という。実売価格は本体のみが7万8000円前後、レンズキット(ZV-E10L)は8万9000円前の見込み。

 また、ソニーでは世界の映像クリエイターからVlog作品を募集するVlogコンテスト「Sony Vlog Challenge 2021」を開催する。応募期間は7月27日~9月27日。既発売のVLOGCAM ZV-1」と併せて、Vloggerを含む幅広いユーザーの創作意欲に応えるという。

スキントーン(肌の色調整)と顔の明るさを美しく自然に最適化するように画質を設計

商品などを動画で紹介する配信者に向け、顔から商品へAFをスムーズに切り替えられる設定も備える

 また、7月28日20時より、ライブ配信「新商品 レンズ交換式 VLOGCAM ZV-E10 登場! ~新商品の魅力とCinematic Vlogの世界にAUXOUT氏と迫る~」が行なわれる。

 さらに、発売記念キャンペーンとして、キャッシュバックとAdobe動画編集ソフト期間限定無料版のプレゼントも実施するほか、ソニーストアでは、VLOGCAM ZV-E10に関する特設コンテンツ「VLOGCAM ZV-E10をソニーストアで買うとあんしんな理由」も開設。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン