このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第183回

iOS版「Rakuten Link」の挙動が変わった楽天モバイル、圏外時の着信が不可になった!?

2021年07月25日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Android版アプリでは仕様変更はなく、
圏外でもRakuten UN-LIMITで着信可能

 ここまで説明したのは、すべてiPhoneでの話だ。Rakuten Linkアプリが提供されているもう1つのプラットフォームであるAndroidでは、記事執筆時点でも以前のiOS版と同様に楽天モバイルの圏外でも、Wi-Fiや他社回線などでインターネット接続があれば、すべての通話をRakuten Linkで着信が可能だ。他社回線はデータ通信専用でもよく、さまざまな安価な格安SIMと組み合わせられる。

 Rakuten UN-LIMITの回線自体にAndroidまたはiPhoneを利用するかの設定はないが、ログイン時にどちらのアプリからログインしたのかを判断しているようだ。最後にログインしたRakuten LinkアプリがAndroid版であれば着信はすべてRakuten Linkへ、iPhone版ならばRakuten Linkで発信してきた通話のみ、Rakuten Linkで着信するようにネットワーク側で制御しているように思われる。

 また、Android版はSIMを抜くとRakuten Linkが自動的にログアウトする。iPhone版のようにSIMを抜いてもRakuten Linkだけ動作し続けるということはないなど、iPhone版とは挙動がだいぶ異なっている。

Rakuten Linkの活用範囲は減るが
無料で発信できるメリットは残っている

 iOS版Rakuten Linkの仕様変更によって、楽天モバイルの回線がどうしても圏外になりやすいという弱点がカバーされにくくなってしまった。しかし、Rakuten Linkの魅力であるかけ放題の通話というメリットははそのままで、楽天回線が圏外でもインターネット接続さえあれば発信できるという点が維持されたことは喜んでおきたい。

 今回の仕様変更はiOS版だけで、Android版についてはアナウンスは特に無いが。楽天モバイルのメリットを存分に活用していくなら、今後ともRakuten Linkの仕様変更には注意深く見ていきたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン