このページの本文へ

ナビタイム、「トラックカーナビ」等のアプリが首都高速道路の環境ロードプライシング割引に対応

2021年07月20日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナビタイムジャパンは7月20日より、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」等にて、首都高速道路の環境ロードプライシング割引に対応する。

 首都高速道路の環境ロードプライシング割引は、沿道に住居地域が多い横羽線から湾岸線へ大型車・特大車の転換を図るため、湾岸線や川崎線を利用するETC大型車・特大車に対して割引を行ない、湾岸線や川崎線を利用しやすくする取組み。

 各サービスの車種登録にて「大型車」「特大車」を登録し、ルート検索条件の設定にてETC料金考慮をオンにしている場合に、横羽線「大師~浅田」間を通行せずに、湾岸線「川崎浮島JCT~大黒JCT」または川崎線「川崎浮島JCT~大師出入口」を利用するルートが含まれたルート検索結果に対して、割引料金を適用した金額が表示されるという。

 なお「バスカーナビ」、「NAVITIMEドライブサポーター」、「カーナビタイム」、「NAVITIME API」等、大型車の料金表示に対応しているサービスでも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン