Yper、宅配ボックス&デイリーバックの2Wayで利用できる「SHIPSサステナブルバッグOKIPPA」を制作

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Yperは7月14日、SHIPSと協力し、宅配ボックスとして初めてファッションブランドのデザインを採用した、2Way利用ができる「SHIPSサステナブルバッグOKIPPA(オキッパ)」を制作したと発表した。

 本製品は宅配ボックスとデイリーバッグの2Wayで利用ができるバック。

 宅配ボックスとして利用していない時は、13cm四方の手のひらサイズに折りたたんでバッグinバッグとして持ち出したり、広げた状態でバッグとして利用したり、通常の置き配バッグ同様に玄関前に吊り下げて荷物を受け取ることも可能。

 またサステナブルの観点でも、本製品を使って荷物を一度で受け取ると再配達が発生せず、再配達時の余計なCO2排出を抑制し、環境負荷を低減できるとしている。

 デザインはファッションブランドSHIPSオリジナルで、カラーはホワイト/ブルーの2色展開。製品サイズはバッグ使用時でおよそ70×66cm/容量57L、折りたたみ時はおよそ13×13cm/厚さ5cm。価格は未定。

 なお本製品は10月にOKIPPAのオフィシャルストア、その他販売チャネルでの発売を予定。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
10月
12月