このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第701回

購入した人は要チェック:

アップル新型「iMac」ディスプレーが傾いた状態で出荷されたモデルがある?

2021年07月09日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2021年5月21日より発売を開始したM1チップ搭載の新型iMacに、一部ディスプレーが傾いた状態で出荷されているトラブルが起きているようだ。YouTuberのiPhonedo氏が6月14日に動画で訴えた。

 同氏は公開した動画のなかで、自分の購入したiMacのディスプレーが水平ではない状態で取り付けられていることを説明している。

 動画を観るかぎりでは、たしかに正面から見て右側に傾いているように見える。ディスプレーをスタンドに固定しているネジはユーザーが取り外し不可能なので、サポートに連絡するしかないというのが問題だろうか。

 新型iMacを購入した人は、ディスプレーの状態をチェックしてみることをおすすめしたい。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中