このページの本文へ

モニターを中心にした作業環境構築のススメ

漫画家に優しく、作業効率を上げる4K HDRモニターBenQ「PD2725U」

2021年07月05日 11時00分更新

文● 二瓶朗 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

広々とした4K画面は
漫画作成の作業効率を向上させる

―― 解像度や画質についてはいかがでしょう?

筆吉 単純に画面サイズが24インチから27インチに変わると視認性が良くなって作業効率が高まったと感じました。これまでフルHDの環境で作業していたので、最初は『4Kまでは要らないかな……』と思ったのですが、仕事を続けているうち、作業スペースを広く取れることに気づいて思い直しました。

 クリスタはパレットが画面を占有して作業スペースが狭くなりがちなので、画面が広いほど作画スペースが大きく取れるのです。それから、原稿を拡大して微細なペン入れや彩色をする際、筆の抜きなどがきちんと見えてびっくりしました。現在は机にモニターを複数枚置ける環境ではないので、1枚が広いのはありがたいです。

狭くなりがちな作業スペースを大きく確保できる。拡大/縮小で細部への書き込みもスムーズ

―― そういえば、漫画家さんは写真撮影を趣味とされている方が多いという印象があります。

筆吉 私も作画資料としてデジカメで撮影する機会は多いですね。そうした画像を確認するときは、やっぱり「PD2725U」の高画質が効いています。いつもの写真がいきなり高精細になって見えるのでちょっと感動しました(笑)

 そしてカラー原稿の彩色作業も、フルHDより「PD2725U」の4K環境のほうが向いていると言えます。特に、色のグラデーションを認識しながら作業できている……そう、画面の発色がかなり正確だと感じるんですよ。

―― 「PD2725U」の色表現はかなりこだわりがあって、sRGB/Rec.709 100%カバー、DCI-P3/Display P3 95%カバーと色域が広いのに加えて、出荷時のキャリブレーションで製品個体での色の違いや明るさのムラもほぼありません。

筆吉 たとえば2台並べて使っても色の違いがない? それは凄い。確かに色ムラが気になった記憶はありませんね。それからコントラストが明瞭だと感じます。白と黒がパッキリしているので、紙とペンで作画しているときと同じ感覚で作業ができます。

―― ホットキーパックG2は使ってみましたか?

筆吉 デフォルトで設定されている照度の調整と色の切替に使ってみました。モニターの後ろに手を回さなくても調整できるところは便利ですが、漫画の作画だとあまり頻繁に使うことはないかなと。自由にボタンとダイヤルに機能を割り当てられるんですよね?

色味を大切にしたいクリエイターは、ホットキーパックG2に画面モード切替を割り当てるとよいのではと筆吉氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン