このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「ドコモならではのおもてなし」を提供

選手村にオープンした「docomo 5G LOUNGE」 5Gで作る“おもてなし”空間

2021年07月12日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

docomo 5G LOUNGEの内観

docomo 5G LOUNGEがオープン
選手村ビレッジプラザE棟内に

 7月23日に開幕を迎える東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。期間中、選手の生活を支える東京都中央区晴海の施設「選手村ビレッジプラザ」のE棟に、インターネットラウンジとカフェ機能を持った「docomo 5G LOUNGE」がオープンする。

「選手村ビレッジプラザ」のE棟に位置する

 国内大手キャリアであるNTTドコモが「ドコモならではのおもてなしを提供する」と話すこのラウンジは、同社の5G通信技術を、国際交流や選手の応援に活用している注目スポット。

 NTTドコモ 東京2020推進室 室長の古野徳之氏は、「オリンピックの開催時は、毎回、開催都市に対して、IOC(国際オリンピック委員会)が選手村の仕様を規定します。その中で『選手同士の交流に役立つコミュニケーションルーム』というものがあり、docomo 5G LOUNGEはその役割を持ったスペースになっています。

 NTTドコモは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールド通信サービスパートナーになっておりまして、2017年に推進室を立ち上げています。また、もともと2020年の5Gの商用開始を計画していましたので、『5G通信が使えるカフェスペースにしよう』というアイディアは、早い段階で決まっていました」と話す。

 どのようなサービスが提供されるスペースなのか、古野氏のコメントと合わせて、本稿で紹介していこう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ