第2回 SORACOM公式ブログ

ソラコム公式ブログ

IoTデータの可視化サービス「SORACOM Lagoon」、アップデート提供を開始

ビジネスプロダクトマネージャー 伊佐(martin)/ソラコム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本記事はソラコムが提供する「SORACOM公式ブログ」に掲載された「IoTデータの可視化サービス「SORACOM Lagoon」、アップデート提供を開始」を再編集したものです。

 SORACOM Lagoon(以下、Lagoon)はIoTデバイスから送信されたデータを可視化、共有、アラート通知する機能を備えたダッシュボード作成・共有サービスです。

 Lagoonは本日 2021年4月27日に大型アップデートをして皆さまへ提供開始しました。

 Lagoonを利用いただくと、お客様は IoTデバイスからSORACOMプラットフォーム宛にデータ送付さえすれば、外部ソフトウェアやサーバー環境の準備をすることなく、ダッシュボードを作り共有することができます。

IoTデータの可視化サービスSORACOM Lagoon

 IoTプロジェクトは取り組み開始から成果が見えるまでのスピードが求められます。「ダッシュボード作成にソフトウェアやクラウドサービスを別途用意する必要がない」、「データの可視化からアラート通知まで画面設定のみで実現できる」という特徴を評価して、多くのお客様がLagoonを活用しています。

SORACOM Lagoonアップデートの新機能

 今回のアップデートでLagoonは、いままでよりも手軽に操作性をお試しいただけるようになりました。アップデートによる新機能はこちらで、テーマ別に解説しています。併せてご覧ください。

■SORACOM Lagoon 新機能紹介 – 操作性編

■SORACOM Lagoon 新機能紹介 – 可視化編

■SORACOM Lagoon 新機能紹介 – アラート編

IoTデバイスが無くともLagoonを試せる「サンプル データソース」

 これまでLagoonの操作感を試すには、IoTデバイスからSORACOMプラットフォーム へデータを送る仕組みを構築する必要がありました。IoTプロジェクトがすでに進行している場合は特に問題になりませんが、IoTプロジェクトをこれから検討中の方には少しハードルが高いです。

 これからはLagoonのお試しにIoTデバイスの準備は不要です。まず、SORACOMユーザーコンソールのアカウントを作成してください。そしてユーザーコンソールの「データ収集・蓄積・可視化」メニューからLagoonの利用開始を選択してください。Lagoonにログインしていただくと、予め用意されたサンプルのデータソースを使って可視化やアラート設定の機能を試していただくことが出来ます。

SORACOMユーザーコンソールのアカウント作成
Getting Started : SORACOMアカウントの登録
https://users.soracom.io/ja-jp/guides/getting-started/create-account/

Lagoonのはじめ方
Getting Started : サンプルのデータソースを使用して Dashboard を作成する
https://users.soracom.io/ja-jp/docs/lagoon-v2/create-dashboard/

 可視化、アラート設定を含めたダッシュボード作成の流れを動画にしてみました。Lagoon のサンプル データソースは IoTデバイスから送信された時系列のデータというシナリオになっています。時系列のデータになっているため可視化だけでなく、アラート機能を試すことも出来ます。この動画では表示デザインを整えるための柔軟な設定ができる点もご確認いただけます。

SORACOM Lagoon デモデータを使ったダッシュボード作成の操作イメージ

 そしてこのデモデータ機能は LagoonのFreeプランを含めた全てのプランでお試しいただけます。IoTにおける可視化までのプロセス、操作性も含めて気軽にお試しください。

※Lagoon Freeプランの利用開始には SORACOMアカウントに支払い情報を設定していただく必要があります。

可視化による気づきと改善アイデア

 現場のデータが見えるようになると、様々な気付きと改善のアイデアが生まれます。

 Lagoonで可視化した結果として「無駄な作業を特定して、人の生産性を向上させた」「気がついていなかった故障箇所を発見、機械の稼働率を上げた」「無駄な電力を削減した」など、具体的な成果につながる事例は数多くあります。こちらは、群馬県主催「IoT活用人材育成講座(令和2年度)」の成果発表会で教えていただいた事例になります。

中⼩製造業による「はじめてのIoT活⽤」着手のポイントと効果を事例で紹介 ~群⾺県IoT講座レポート~
https://blog.soracom.com/ja-jp/2021/04/21/first-step-of-iot-for-manufacturing-in-gunma/

IoTの事例から学べる「可視化やデータ活用の取り組み」勉強会イベントのご案内

 はじめて可視化の取り組みを進める方も、既に可視化の取り組みを実践している方も、勉強会で他社の取り組みを聞くことで、新たな発想を得られることがあります。5月13日に「現場のデータ活用」をテーマにした勉強会を企画しています。このオンライン勉強会では現場のデータを集めて活用している事例を複数の方から共有いただきます。ぜひご参加ください。

イベント名:SORACOM IoT Meetup ~ 現場のデータを集めたその先へ ~
開催日時 :​​​2021年5月13日(木)19時~21時
開催方法 :Zoomウェビナー(オンラインセミナー)
対象   :IoTのデータ活用や可視化に関する事例を知りたい方、
      これからIoTプロジェクトを検討されている方、
      IoTデバイスから得られたデータ活用を考えている方
事前申し込み制・参加費無料/こちらのページからお申込みいただけます

 私も勉強会に参加します。皆さまの取り組みから Lagoon をより良いサービスにしていくヒントを発見できることを楽しみにしています!

― ソラコム ビジネスプロダクトマネージャー 伊佐(ニックネーム:martin)

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月